△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

ちょっと気になる魚さん

 会社の近所にあるショップさんに先週バンブルビーゴビーさんが入荷している。 他のブログ主さんがミドリフグさんと一緒に飼育してる事もあり気になっていた。

 汽水飼育になる事は理解していたが、我が家のミドリフグさんは闘病中なので同じ環境では飼育出来ないから半分諦めていた。 気になり色々と調べてみるとショップで見たバンブルビーゴビーさんは、側体に入る模様から「フレッシュウォーター・バンブルビーゴビー」である可能性が・・・

 汽水飼育推奨の尾筒に黒と黄色の帯が入るバンブルビーゴビーさんとフレッシュウォーター・バンブルビーゴビーさんは種が違うらしく「さかなおやじのひとりごと」のmachimaさんの書いた記事に詳しく書いてあります。

 ポピュラーなバンブルビーゴビーさん:ドリアエ種(Brachygobius doriae) フレッシュウォーターバンブルビー:クサンソメラス種(B.xanthomelas)になるらしい。


 今回はフレッシュウォーターバンブルビーさんについて調べてみた。
原産国はカンボジア、インドネシア、マレーシア、シンガポールでとある採取地の水質は3GH、pH 6.0~7.5 水温27℃(80F)で雨水50%と書いてあった。
 色々と調べていくと淡水飼育でOKと書かれていたり、汽水(1.005)じゃないと駄目とか意見が別れていた。 飼育するなら淡水になるけど、お迎えするべきか・・・ お迎えした場合、ミナミヌマエビさんと混泳になるな・・・ アベニー・パファーさんとは無理な感じがするし・・・ もう少し悩んでみる。



 
関連記事
スポンサーサイト

フレッシュウォーターバンブルビーゴビーさんをお迎えした。

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-09 (7)

 8日にフレッシュウォーターバンブルビーゴビーさん10匹をお迎えした。 ☆になる可能性があったので時間差で記事に・・・ ちょっと買い過ぎた感もあるけど問題無。

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-09 (17)

 可愛らしい顔しているが小さすぎて写真にしないと表情が分からない。

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-09 (14)

 汽水域にいるバンブルビーゴビーさんと違い、発色が不鮮明・・・ 落ち着けば上がってくるのか?

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-09 (15)

 ハゼっぽい(笑) 暗い場所に逃げ込んだ感じで中々撮影出来る場所に出てこない・・・

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-09 (11)

 イトメを与えても警戒してるのか食べに来なかったが、1匹だけ食べてくれた。

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-09 (21)

 この写真の個体は丸々と太っている。 もしかすると♀なのか? 雌雄の判別方法を知らないので要勉強だな。
関連記事

フレッシュウォーターバンブルビーゴビーさんを観察してみた。

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-12 (16)

 お迎えして4日目、フレッシュウォーターバンブルビーゴビーさんは環境にもなれてくれたようだ。

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-12 (9)

 ♀と思われる個体は設置した土管内には入らず思い思いの場所で休む、腹鰭を使って上手く体を支えたり、ガラス面に張り付いたりと・・・

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-12 (6)

 ♂と思われる個体は土管内に隠れていることが多い・・・ せっかく作った素焼きポッドより内径の小さい(1cm)程のものを好むような感じがする。 エビ用の俵積みしてあるものより、単体で置いた方が良いみたいだ・・・ 現状俵積みした土管の両隣にバンブルビーゴビーさんが入居している姿を見てない・・・

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-12 (14)

 昨日工作した素焼きポッド以外に、会社にあったパイプ材を切断して俵積の感じでタイラップで固定した物を数個水槽に投入したが意味がないかも・・・ 内径の細いエンビ管を単体で置いた方が色々と捗るような感じだ。

 バンブルビーゴビーさんは縄張りをもち、テリトリーに入ると追い出したりする聞いていたがアベニー・パファー程攻撃的ではないので安心した。 縄張りは隠れ家となる土管を中心に半径8cm程みたいだ。

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-12

 餌は 冷凍アカムシ等を食べると聞いていたが、与えても食べに寄ってこなくて冷凍アカムシが駄目になる事が多かったので、イトメを水槽内に投入した。

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-12 (2)

 バンブルビーゴビーさんは積極的に餌を食べに水槽内を泳ぐ感じではなく、目の前に餌と認識出来る物があれば食べる感じだ。 壁面を這うラムズの稚貝も捕食して感じで、卵塊をつついている所も確認できた。

 イトメには大小様々な大きさがあるが、口のサイズを考えれば小さいイトメ(細い)の方が食べやすいのに決まって大きめのイトメを囓りにかかる。 結局丸呑み出来ず途中で吐き出す事も・・・ なんとも不器用な感じだ。 このことから他の魚と混泳させるのは難しいと思えた・・・

 低層を主に生活圏にしているので水槽の上から2/3は無駄な感じが・・・ 単主飼育で複数飼にはLOWタイプの水槽が良いかも・・・
関連記事