△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

ミステリークレイフィッシュがやって来た。

みすてりー2010年2月11日- (3)

去年末にショップに抱卵したミステリークレイフィッシュがいた。
二週間程前に孵化して「数匹持ち帰る?」と言われたが、
これ以上水槽の本数も増やす事が無理なので断っていた。
しかし、成長が気になって仕方が無く・・・
ネットで飼育方法等を色々調べてなおさら興味が(笑)

ショップでこのザリガニの話をして盛り上がっていたところ、
「チャレンジしない?」と言われ後々の事考えたが2cm程に育てばショップに返す約束
(途中で☆になってもOKと言う条件)で気軽に引き受けて12匹程お預かりしてきた(笑)

個体はまだ8mm程でまだ体を丸くしてエビ泳ぎのような動き方をしている。
3匹程歩けるような状態で残りは丸くなってるので、暫くはプラケースで飼育予定・・・

ザリガニなど子供の頃に酢イカで釣りをした記憶が・・・
捕まえても世話などせず殺してしまったので、今回は大事に育ててみたい。

関連記事
スポンサーサイト

ミステリークレイフィッシュの脱皮を確認

ミステリー2010年2月14日- (1)

ミステリークレイフィッシュの脱皮を確認・・・現在の生存数は4匹・・・
☆になった稚ザリは脱皮に失敗して☆になってるようだ・・・ 難しい・・・

2月15日追記
結局2匹になってしまった。




関連記事

ミステリークレイフィッシュの幼生さんがコリタブを食す(笑)

ミステリー2010年2月16日 (1)

現在生存が確認出来た2匹のミステリークレイフィッシュさんがテトラ社のコリタブを食べた。
このコリタブは直径7mm程だからミステリークレイフィッシュの幼生は1cmぐらい・・・
餌を求めて水槽内を隈なく動き、移動速度も早くなった。

ミステリー2010年2月16日 (8)

このザリは意外と臆病でプラナリアに接触するとかなりビビる(笑)
二匹の幼生が餌を取り合うシーンを撮影出来た。 ↓



ここまで大きくなれば二匹とも生存出来そうだ。

関連記事