△ ページ上部へ
HOME
FC2ブログ

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubetwitterTumblr ACR

充血フグ危機一髪

アカメ平成22年4月27日 (3)

仕事場にいるレッドテールアカメフグに異変が・・・
普段なら仕事場の灯りを付けると、水草の影からノソノソと出てきて餌をねだるのに出てくる気配が無い・・・
仕事の準備をして餌をやろうと水槽を覗き込むとフィルターの影に3匹が固まっていた。
黒く変色してフグボール状態・・・ 水槽の蓋を外して手を入れると水が冷たい・・・
水温計を見ると18℃・・・ ヒーターの故障かと思いコンセントを確認すると、プラグが外れていた・・・
昨日仮設していた上部ろ過機を撤去した時に、間違えてコンセントのプラグを抜いてしまったようだ・・・

プラグを差し込みヒーターに通電した事を確認してから、水槽の水を1/3程抜いてバケツに湯沸しで沸かした
70℃のお湯を入れて点滴方で水槽に時間を掛けて注水した。

水槽の水温が20℃を超えたあたりから体色が戻り始め、お昼すぎには24℃まで上がった。
このフグ達は28℃の水温で飼育しているので24℃でも動きが鈍い・・・
夕方には27℃程になり、水槽の前面に出てきて餌をねだるので与えた。
シッカリ食べ、お腹も丸々していたので、一安心かな・・・
一晩で10℃近く水温が低下したのでダメージが残らないか心配だ。

不幸中の幸いと言うか、あまり気温が下がらなかったので18℃の水温を維持していたが、
これが二日前だったら、☆になっていても不思議じゃない・・・
自分のミスで辛い体験をさせてしまった。

写真の個体は背びれを齧られていたので隔離・・・

水槽が32℃に・・・

今日は気温が上がったせいか、水槽の温度も上昇・・・
レッドテールアカメフグのいる水槽が32℃に・・・  隣にある稚アカヒレ水槽は28℃・・・
何故水温に違いが出るのか? ヒーターが壊れたのか?
可変タイプを使っているので設定温度を25℃に変更・・・
レッドテールアカメフグの♀1匹が調子を落としてしまった。
底でフグボール状態で元気が無かったので別の水槽(稚アカヒレがいる水槽)に一時隔離・・・

充血フグにお婿さんがキタ━━(゜∀゜)━━!!

本来なら昨日書くべき事だったが確証がなかったので一日伸ばす事に・・・
昨日の仕事帰りに何時ものショップに・・・

店長   :「明日問屋さんが来るけど・・・必要なものある?今なら間に合うよ・・・
σ(゚∀゚) :「特に必要な物はないけど・・・ 何か、面白い魚入荷してますか?」
店長   :「リスト見るね・・・     あ、レッドテールアカメフグのアナウンスがあるよ」
σ(゚∀゚) :「 え!!!!!!!!」                           
店長   :「サイズはMLサイズだって・・・」                       
σ(゚∀゚) :「♂だけ買えますか?」「ペア飼いだと辛いです・・・ ♀3匹いるし・・・ 」   
店長   :「今電話で確認してみるね・・・ 通話中・・・  ♂だけでもOKだって」
σ(゚∀゚) :「m(_ _)mおねがいします」
店長   :「でも来るまで分からないよ(笑) 前回の事もあるし・・・」

前回は5ペア来て、結局♀3匹しか残らなかった・・・原因は水温低下・・・

σ(゚∀゚) :「1匹だけならOKです、問題ないです、で、MLサイズってどのくらいの大きさなの?」
店長   :「普通は3cm位だけど、来るまで分からないよ・・・(笑)」
σ(゚∀゚) :「そうなんだ・・・  小さい固体だったら問題があるかも・・・」

で今日の午後6時過ぎに行くと・・・

アカメ2010年6月3日 (9)

立派なボディーの♂3匹と小さな♀2匹が入荷していた。
鰭の欠損や噛傷の具合を見て、一番大きな♂(体長が5cm未満)の♂を1匹ゲット!!!!
一目見て気に入った個体を選んだ感じだ。  無茶苦茶かっこいー(笑)
各ヒレの欠損が無く、尾ヒレの縁が白色に・・・  時折背中が赤く(臙脂色、えんじいろ)に染まる・・・
まだ尾ヒレを完全に広げた姿を見せないので、条の分岐は不明・・・
この♂が気性の荒いくない事を祈るばかり・・・

問屋さんに入荷した日は聞けなかったが、インドネシアでブリードされた個体らしい・・・
このサイズになるまでどの位時間が掛かるのか?  ほんとにブリード物なのか?
冷凍アカムシを与えるとバクバク食べて、巻貝を与えると積極的に食べていた。
飼育中の♀3匹は巻貝には興味を示さないのに・・・
プラケースに張り付いたプラナリアにも興味を示すことも・・・

アカメ2010年6月3日
左側の口元や目の下に噛傷がある、水カビや綿カビに注意しないと・・・
♂をプラケースに入れて時間をかけて水合わせ・・・
明日、病気が発生したら、そのまま薬浴出来るようにレッドテールアカメフグ水槽に放さず、
プラケース事水槽に浮かせて隔離した。

♀達は興味津々で遠くから♂を眺めていた。
♂は隣の水槽にいるミステリークレイフィッシュさんの稚ザリに興味津々(笑)
明日、異変がなければ良いが・・・

繁殖出来るかな?  ちょっと♀達が小さいのが問題だ。(笑)



PVアクセスランキング にほんブログ村