△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

ミドリフグがやってくる・・・

行き着けの金魚屋さんに行くとミドリフグが1匹売れ残り、コップの中で瀕死の状態に・・・
今週の火曜日に12匹程入荷して、5日間でこの1匹以外が☆になったらしい・・・
原因は喧嘩とのこと・・・  ストレスが原因かも・・・

コップの水面近くで身動きせず、指で触れても反応無し・・・  ☆になるのも時間の問題だと思った。
酸欠状態らしくお店の人にエアを入れてもらい少し回復・・・
引き取って欲しいと言われ自分なら何とか出来ると思い袋に入れてもらった。
飼育水の比重を聞いて、人口海水の元とサンゴ砂を購入・・・   そして会社に戻る・・・
袋の中で機敏に動くようになり一安心・・・  でも呼吸が荒い・・・

家に戻り、ミドリフグを2リットルのカップに移しエアレーション・・・  そして汽水水槽を立ち上げ・・・
4リットル水槽に小さな底面フィルターをセットして洗ったサンゴ砂を敷き詰める・・・
購入した人口海水の元は一袋10リットル用で、ミドリフグには1/2海水でOKらしいので、
バケツに10リットルの水を張り、袋半分の粉を入れて攪拌・・・
4リットル分を立ち上げた水槽に移し、残りは水合わせに使う・・・
ミドリフグを入れたカップを30cm水槽に入れて点滴式でプラケースに時間をかけて水合わせ

点滴2009-

約2時間かけて水合わせ終了・・・  ミドリフグは相変わらず呼吸が荒い・・・
上から見ると左右のエラの部分が炎症してるように見える・・・  エラ病か?

水槽とカップの水温を合わせてから、水槽に・・・

20090731232505dd3.jpg

水槽内を興味深そうに泳ぐが、しばらくすると水面近くで呼吸をしてる・・・
なんとか復帰出来るかな・・・

スポンサーサイト

(新)ミドリフグお迎え計画①  スタート

今月始めにミドリフグが☆になって水槽がそのままに・・・  
水も回しているので、近日中にミドリフグをお迎えしたいと思い飼育水作りを考える。
(いきなり立ち上げた水槽に、投入は無理が・・・)

アベニーの場合は、親がいる水槽を立ち上げた時はアカヒレを使い二週間程で飼育水が出来た。
稚魚水槽は親水槽からフィルターや飼育水を移して立ち上げたので時間は掛からなかった・・・  
今回は汽水飼育になるので勝手が違う・・・  
パイロットフィッシュや水草も使う事が出来ないので、どう対処すればよいか・・・  
市販のバクテリアを使うかな・・・  ミドリフグを購入予定の店で相談かな・・・

現状の水量が少ない4リットル水槽に底面エアリフトの濾過では、
ミドリフグにはちょっと足りないかな・・・  
外掛け濾過機が一台空いてるので底面直結で稼動かな・・・

(新)ミドリフグお迎え計画②

ミドリフグ水槽を再立ち上げ・・・

仕事帰りにちょっと遠出して大きな専門店に・・・  
そこで店員さんにミドリフグ計画の相談・・・  
やはり4リットル水槽での飼育は無謀と・・・  
でも市販のバクテリアを添加して維持するば不可能では無いと・・・  
店員さんに進められたバクテリアはSUPER BICOM スターターキットだった。  
魚の水槽への投入とバクテリア添加は同時でOKと言われ買う気でいると、ミドリフグの在庫無し・・・  
お盆明けに入荷との事・・・  仕方が無くバクテリアとモロモロの用品を購入して撤収・・・

家に戻り、ニッソーの底面フィルターをサンゴ砂から抜き出し、パイプ部と底面を接着・・・
ニッソースライドベース・フィルター(ミニ)の底面部は材質がPVCぽっく接着上手く行かないので、
弾性があるコニシボンドのGPクリアーで太い立ち上げパイプと接着・・・  
乾燥まで次の作業に・・・

底面と接続する外掛け濾過機はGEX製らくらくフィルター(S)のフィリターのストレーナ部の加工・・・
ストレーナパイプの外周にあるスリット(給水口)は残して底の部分(フタ)をノコでカットしてパイプを貫通・・・

それを底面に接着した立ち上げパイプに差し込むようにして、外掛け濾過機を水槽にセット・・・  
純正のカートリッジ以外に、力技でニッソー・マスタパル用のリング濾材の入ったカートリッジをセット・・・  
濾過槽にはウッドストーンを投入・・・  微細な泡のエアレーションを期待・・・ 

購入したハイドロメーターで2リットルの1/2汽水を作る・・・  
店員さんにお店での水槽の比重が1/4と聞いたのでそれに合わせる・・・  
2時間後水槽にサンゴ砂を3cmぐらいの厚みに敷いて1/2汽水2リットルを投入・・・  
水槽の半分が浸った後、濾過機を回しながらカルキ抜きした水2リットルを投入・・・  
30分後、水槽に入れた汽水の比重を測定・・・  
1.005程で大体OK  SUPER BICOM スターターキットを濾過機に説明書通り添加して、
冷凍アカムシ6匹程水槽に投入・・・  この状態で水槽を回す。

汽水飼育なので水草を投入出来ないので、水槽内のオブジェを考える・・・  
汽水域の植物と言っても見当が付かない・・・  思い浮かぶのはマングローブ・・・  
現実問題、マングローブを植えるのは無理なので、それらしい置物を何処かで調達しないと・・・  
来週にはミドリフグをお迎えしたい。