△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

ゼブラパファーがやってきた。

ゼブラパファー♂-2010-10-25 (4)a

ついにゼブラパファーがやってきた・・・  思っていたより大きな個体達で予想外だ。
♂のシマシマ模様をUPで撮影・・・  ハンドピースで描いた線のように輪郭が綺麗にボケてる・・・

ゼブラパファー♂-2010-10-25 (2)a ゼブラパファー♂-2010-10-25 (6)a

♂のシマシマが良い感じだ。  腹部に赤い婚姻線が出てるので繁殖可能個体だろ・・・
前の飼い主さんからは、「警戒心が強く、ほとんど人前に出てこないと」「物陰から絶えず回りを観察してる」
水合わせして水槽に入れると流木の影に隠れて出てこない・・・  観察や撮影が難しいかな・・・
体長は5cm

ゼブラパファー♀-2010-10-25 (1)a ゼブラパファー♀-2010-10-25 (4)a

♀はお腹がパンパンに膨れている・・・  これって卵をもってる事になるのか?
この♀は大人しく、人に慣れやすいと・・・  水槽前面に出てきて餌を強請る事もある・・・
でも基本はビビリで驚くと水槽を飛び出すぐらいの勢いでジャンプするらしい・・・
大食いで水面近くに居ることが多いと・・・  体長は5cmオーバー  ♂より大きい・・・

この二匹は相性が悪いらしく混泳は難しいとのこと・・・
繁殖は無理なのか?  何時でも生みそうな感じだけど・・・
この♀の体が繁殖可能状態ならば、先住のレッドテールアカメフグ♀は産卵可能状態ではなさそうだ・・・

これから追々分かってくるだろう・・・

ゼブラパファー(カリノテトラオドン・サルヴァトル)
学名 : Carinotetraodon salivator
生息地 : マレーシア、ボルネオ島のサラワク州

スポンサーサイト

ゼブラパファー水槽

ぜぶら水槽 (3)

ゼブラパファーを投入して一日経過・・・  流木の配置を少し変えた・・・

ぜぶら2010-10-26 (3)

上部濾過機パワーヘッドの存在感が・・・・  流木で隠しても隠れない(笑)

ぜぶら2010-10-26 (7)

で、主役のフグ達は、♀は行動的に水槽の全エリアを泳いでいる。

ぜぶら2010-10-26

♀は新しい環境を楽しんでるようだ。

♂は隠密活動中で人前に出てこない・・・  流木奥の影からこっそり [壁]д・)チラッ って感じだ。
カメラを向けると逃げてしまう・・・  一ヶ月ぐらいで馴れてくれるかな・・・

ぜぶら2010-10-26 (6)

タンクメイトのミナミヌマエビは半数近くに減った感じだ・・・
ゼブラ♂に捕食された可能性が・・・

ゼブラパファー水槽の水換え

ゼブラパファーを投入して6日経過・・・  
この水槽の主達は殆んど人前に出ることもなく、♂に至っては流木を動かさないと生存を確認出来ない・・・
冷凍アカムシを与えても「フグまっしぐら・・・」って感じで無く、底に落ちた物をゆっくり食べている。
警戒されてるのか、フレンドリーな感じでは無い(笑)
仕事に行ってる間の状況がわからないが、これだけ大人しいとセパレーターは必要ないのか?
セパレータークリップの存在感に馴れないので撤去したい。  3日の休みに一時撤去してみる予定・・・

テトラの6in1とレッド・シーの試薬で水質チェックをした。
アンモニアと亜硝酸塩は検出しなかった・・・  硝酸塩が少し溜まっていたので水槽1/5程水換えした。
タネ水を使い、バイコム(バクテリア)&底面フィルター+ろ過砂利&上部ろ過のエーハイム(サブストラット・プロ)
のコンビネーションで水槽は早期に立ちあがった感じだ。  予定通りだ。