△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

気になるカニ

昨日、アクアステージさんで見た"ミクロスパイダー・クラブ"が凄く気になっている。
プライスカードにはエビと混泳できると書いてあり、
餌は冷凍アカムシやエビ用の人工飼料でOKと書いてあった。

ネットで情報を探すが、詳しい内容は発見できず・・・  まだ輸入された間もない品種なのか?
つべ等の動画サイトで品種名で検索すると、少ないが数本の動画を確認できた。
雌雄の判別方法等も書いてないが、水槽内で繁殖は可能だという事が確認できた。
5匹ほど購入すれば何とかなるかな?

間抜けな話だが、
昨日の夜はこのカニの事が気になり、色々と考えていているうちに変な思い込みをしていた・・・  名にスパイダーと付くので、水槽内に蜘蛛のように網を張って餌を捕食するんだと思い込んでいた。  そんなシーンを想像しながら動画検索をしていて思い描くシーンが無くガッカリしてしているときに気が付いた「そんな事あるわけがない・・・」凄く恥ずかしい気持ちになった(笑)

丁度、ゼブラ水槽横にニッソーのベタ用水槽が置けるスペースがあるので
縁があれば飼育してみたい・・・

小さい水槽用の器具が残っているので、導入できるように水槽を立ち上げた・・・(笑)
導入までに時間が掛かりそうなので、もう少し詳しく調べてみるかな・・・
スポンサーサイト

ミクロスパイダークラブを御迎えした。

ミクロ2011-01-24- (18)a

本日、アクアステージ21(横浜)さんに行き念願(?)のミクロスパイダークラブを購入
駄目元でお店に行ったが、数匹残っていたで3匹を購入(購入金額1980円)
ちょっと割高感があるが満足してる。(明日☆になっていなければ)

ミクロ2011-01-24- (12)a

雌雄の判別方法がわからないので、ミクロスパイダークラブの入った水槽を眺め、
形のしっかりした個体を選んだ・・・

ミクロ2011-01-24- (4)a

1円玉と比べると・・・・

ミクロ2011-01-24- (7)a

ハサミや脚に細かい毛が生えている・・・  ポンキッキのキャラクターのムックに似てるような・・・

ミクロ2011-01-24- (10)a

愛嬌のある顔をしてる・・・

ミクロ2011-01-24- (21)a 現在サテライト(S)で水合わせ中・・・  
ちょっと嬉しいハプニングがあった。 帰宅中にミクロスパイダークラブが袋の中でゾエアを放出していた。  それを知らずに袋の中の水をサテライトに半分程移して残りを捨ててしまった。(泣) 足場にする為のモスを入れた時に気がついたが遅かった・・・  捨てた水は汚水の入ったバケツに・・・  気を取直してサテライトの中で舞うゾエアをスポイトで吸出し小さなビンに移した。  見た目はミジンコのような感じだ。

ゾエアの入ったビンにドライイースト1粒とビオフェルミン錠剤を潰した粉入れてエアレーション中・・・  こんな事なら、PSBやバクテリアの素を一緒に買っておけばよかった・・・・(後悔)
ゾエアは小さすぎて(0.3mm程の大きさ)撮影が困難の為に動画にしました。 ニコ動にてUP中・・・
後日掲載します。



↓がゾエアらしき生き物の動画


【ニコニコ動画】ミクロスパイダークラブのゾエアかな?

ミクロスパイダークラブさんの1日目

あミクロ2011-01-24- (3)

水槽に放して1日経過したミクロスパイダークラブさん☆になる事もなく健在・・・
(写真の赤い矢印の先にミクロスパイダークラブさんがいます。)
隠れ家としてエビ用の焼きも物のオブジェを入れたが、ソイルに潜る事を好む感じだ。

あミクロ2011-01-24- (12)

昨日は赤っぽい色だったのが、少し青っぽく変化していた。
餌として冷凍アカムシを与えたが、積極的に捕食しに行く事はなかった。
夜行性っぽいので夜間に冷凍アカムシを食べてる感じかな・・・

それより、ハサミに生えている毛を口に持って行く事が多く、毛に付いた物を食べてる感じだ。
この行動が捕食ならB-blast社のBio-X(水質環境浄化菌)を添加する事も検討しないと・・・
Bio-Xは直ぐに活性化し、至る所で増殖するので、確実に毛に付着すると思う・・・
デメリットとして、スポンジフィルターは直ぐに目ズマリする、でも浄化菌の作用だから仕方が無い・・・
「目ズマリ=フィルター過能力が落ちたと」と考えがちになるが、
ろ過能力は維持される感じで水は綺麗だった。 通常ゴミを吸うとスポンジフィルターは硬くなるが、
Bio-Xを使うと硬くなる前に粘り気が出てきて目ズマリする・・・
ここは使用するか判断が分かれると思うが、検討の価値はあると思う。

飼育環境
水槽ニッソー・アクアリウムタンク CU-S(4.7リットル)
ろ過機コトブキ工芸・ミニフィットフィルターMF
テトラ・ビリーフィルター(スポンジ部をストレーナー代わりに使用)
ソイルGEX 水草一番サンド
ヒーターエヴァリス・プリセットオートヒーター30W  (26℃)
水草南米ウィローモスアヌビアス・ナナ
ウォータースプライト(浮き草状態)、アマゾン・フロッグビット、ホテイアオイ、アナカリス
オブジェビバリア:エビシェルター/ 素焼きポッド / アクア工房いちなま製-珪藻土(ミロネクトン)/素焼き土管3本組

1月25日追記
カニの動きを見ていると、ソイルのチョイスを間違えた感じだ。
もっと細かいパウダーソイルか田砂を使うべきだったと反省してる。

2月10日追記
素焼きポッドに活着させていたアヌビアス・ナナを撤去
撤去理由: 観察に邪魔だった。

2月22日追記
汽水環境に変更(塩分濃度1%) ビバリア:エビシェルターと南米ウィローモス、ウォータースプライト(浮き草状態)、を撤去、

2月23日追記
水草をホテイアオイとアナカリスを投入・・・  隠れ家として素焼きの土管を投入



昨日採取したゾエアだが、採取後24時間以上経過しても約20匹は生存を確認!!!

あミクロ2011-01-24- (7) 0068a あミクロ2011-01-24- (7) 1448a
(写真はビデオからキャプチャーしました)

昨日はミジンコのように浮遊しなかがらチョコチョコと動いていたが、
今日は底を這う感じで動いていた。 身体的特徴に変化は無いが、体が3回り程小さくなった。
これは体内にあるヨークサックを使い切った感じか?(ゾエアにヨークサックがあるかは不明・・・)
昨日は直ぐに発見出来たが、今日は見つけるのが難しかった。
こんな感じだと、親がいる水槽でゾエアが放出された場合、
ベアタンクでなければ24時間後に発見するのは不可能に近い・・・

3月05日追記
床材を敷いてる水槽ではゾエア放出後1時間以内でなければ発見は難しい。


ゾエア採取をする場合、卵を持った♀を事前に隔離するか、(事前に判ればの話)
ベアタンクで親蟹を飼育するしかないようだ・・・

ゾエアの飼育環境
飼育容器ビン、水量200cc
水草ウィローモス
フィルター無し、弱いエアレーションのみ
添加した物ドライイースト(1粒)、
ビオフェルミン錠剤を削り少量 / 耳掻きの1/3程
珪藻土(ミロネクトン)の粉末 / 耳掻きの1/3程
ジクラウォーターBee用(2cc)
ヒーターヒーターは無し、大き目の水槽を保温して中にビンをセット(26℃)

1月25日追記
残念ながら、ビンに入れたゾエアは全滅した感じだ。
原因は餌が無かったようだ・・・  
添加物(ドライイースト、ビオフェルミン)で凌げると思ったが、無意味な事だった。
このゾエアを生かす為には、植物性プランクトンが必要なのでは考えている。
グリーンウォーターが使わないと駄目な感じだ。
グリーンウォーターを仕込まないと・・・

1月27日追記
今後の事もあるのでグリーンウォーターを作り始める・・・
そして、ヤマトヌマエビ関連のネット記事を探し、ゾエア育成の勉強・・・
もしかしたら汽水で育てる可能性もある・・・  今から準備しないと次も同じ結果になるような・・・

2月01日追記

ミクロ2011-02-01- (7)a

浮き草をウォータースプライトからアマゾンフロッグビット
に変更

2月23日追記
水草をホテイアオイとアナカリスを投入・・・  隠れ家として素焼きの土管を投入




3月05日追記
新しい方法のゾエア飼育記事は↓
新ゾエア飼育2