△ ページ上部へ
HOME
FC2ブログ

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubetwitterTumblr ACR

新たな苔取り仲間

yamato2011-04-27 (9)a

昨日入手出来なかったヤマトヌマエビをかねだいさんで10匹で300円程、で購入
セール品で個体の体格も少し小ぶりだ。 フグ水漕の流木に活着させた植物のコケ取り用

フグ水漕に入れると餌食になってしまうので、コケとり水漕を立ち上げそこに投入・・・
上手く抱卵すれば別の楽しみが・・・

抱卵 キタ━(゚∀゚)━! (Season.1-1)

yamato-2011-04-30a.jpg

昨日、会社に残しているヤマトヌマエビの♀2匹が抱卵した。
丁度、月は月齢 26.5日(若潮)だった。
抱卵した個体を見るのはこれで二度目、卵を観察してみると予想より小さかった。 
写真で見ると卵はグレーの色をしているが実際は白っぽく艶が無い、
飲み薬やドライイーストの顆粒に近い感じ。

yamato-2011-04-30 (2)a

上の写真は抱卵間近の個体で青い○の中に卵巣があり、日に白く濃くなるようだ。
産卵の準備が出来ると一度脱皮する、この時期になると♂が♀の背中に乗って交尾を促す感じがする。




今回のヤマトヌマエビの抱卵動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=dHmg9ActiPA



ヤマトヌマエビの卵が孵化した。 (Season.1-2)

yamato2011-05-11 (15) 0164a

ヤマトヌマエビさんの卵が孵化し始めた。

エビ水漕(ヤマトヌマエビ単種水漕)内にケンミジンコらしき生物を確認
一日でかなり増えたのでルーペで確認すると、姿が違いエビのゾエアだった。

yamato2011-05-11 (29)a

急遽親エビをプラケースに隔離・・・
水漕内にいたゾエアは走光性を使い、照明で一箇所に集めスポイトで可能な限り採取した。
先行で孵化したゾエアの数は20数匹程で、大半の卵はまだ腹肢についたままだ。

抱卵に気づいたのは今月の2日、思ったより早くに孵化した感じだ。
予想では今月の17日の満月・月齢 13.8頃(中潮)だと思っていた。

yamato2011-05-11 (21) 114a

卵は白乳色で肉眼では発眼を確認出来なかったが、カメラでUPで撮ると赤い目が確認できた。


yamato2011-05-11 (9) 0926a

自分は肉眼で確認出来るものだと勘違いしていて、ゾエア飼育の準備は発眼確認後に
すれば良いと思っていたが、急遽家に持ち帰り準備を始めた。

yamato2011-05-11 (22) 0155a

先行で孵化したゾエアの撮影はこんなだった。

yamato2011-05-11 (24) 1371a

孵化したゾエアは1mm程の大きさと書かれているが、ケンミジンコより全長が少し長いくらいで
大凡3mm程の大きさだ。 体は少し細い・・・
水中を浮遊する姿は小型のボウフラのようだ・・・

プラケースをサランラップで密閉して家にも持ち帰る・・・

今回もヤマトヌマエビさんの飼育記録を公開している。
「えびみち」さんのHP(http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/7630/menu.html)を参考にして準備に入った。
4リットル水漕にヒーターとスポンジフィルターを設置・・・
飼育水はエビ水漕から持ち帰り、その水に人工海水の元を入れて、比重1.015程の汽水を作り水漕に注いだ。
汽水にはテトラ社のブリーディングウォーターとジクラウォーターのエビ用をを規定量添加し、
ビオフェルミン錠剤を一欠片入れた。
親エビはプラケースに残して、採取したゾエアを水漕に投入・・・(温度合わせはしたが、水合わせはしなかった)
水換え用にバケツに8リッター程の汽水を準備した。

明日から親エビの居るプラケースに海水の元を加えて汽水化する予定・・・

ゾエアの様子を撮影、URLは下記です。

http://www.youtube.com/watch?v=4zraMqGqjAY









PVアクセスランキング にほんブログ村