△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

鳳凰苔の活着実験(1)

昨日、新たな芽がでた鳳凰苔(ホウオウ苔)ではなく、別の水槽に入れてあった物を使い実験することに・・・

鳳凰苔2010年1月20日- (4)

池に沈めてあった流木を引き揚げ、汚れを拭き取り鳳凰苔をテグスで巻きつけた。
このやり方が正しいかわからないが、葉の表側を葉先が上になるようにセット・・・
ロングフィン アカヒレさんの稚魚がいる30cmの水槽に沈める・・・ 光量が不足のような気が・・・
芽が出る環境が今一つわからないが、芽が出た鳳凰苔は水深20cm以内で24W程の蛍光灯を8時間照射
一度、自生してる場所にいって周りを観察しないと駄目な感じだ。

鳳凰苔2010年1月20日-



残った鳳凰苔は浅いタッパーに水を入れて水槽に浮かしておく事に・・・ さてこれで芽が出るか?

関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






ホウオウゴケ、意外とフィールドにどかどか生えていてびっくりします
あらゆるところから新しい目が出るのを見ると「やっぱり苔(モス)なんだなぁ」
と、実感します。
[ 2011/12/26 20:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
いらっしゃいませ。
鳳凰苔イイですよね。 この活着実験はソコソコの成果があったけど、育成する為の環境を用意出来ませんでした。水上で栽培するのが本道と言えますが、水中では浅い水深とCO2が必要だと思いました。 Mocchyの用意できる環境ならスクスク育つと思いますよ。
[ 2011/12/27 01:32 ] [ 編集 ]