△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

新ゾエア飼育3(48時間後)

ミクロスパイダークラブさんのゾエアは採取後48時間を経過・・・
個体数が1/3程落ちてしまった。 生存個体数は約19匹

この個体数が減るのは過去の飼育から予想できていたが、
今回の環境では生き残ってるゾエアの遊泳力がUPしたように思える。
昨日の記事で浮遊力がUPしたと書いたが、今日はさらに容器の中層より上に上がれるようになっていた。
それ以外に過去の飼育ではゾエアの大きさが48時間後では一回り小さくなる印象があったが、
今回は前日と代わらず大きさを維持している。
容器内を循環させる為にエアレーションを追加・・・

ストックしてある水換え用の塩分濃度2%塩水にウイローモスの切れ端と牛乳を2滴(目薬2滴分)を投入・・・
これで微生物が湧いてくれると餌に出来ると考えている。

問題は72時間後にどれだけ生き残っているかだ、ここが一つの壁だと思っている。
ここを超えれば何とかなるような感じもする。
後は餌の問題をクリアーしないと・・・

昔、ブラインシュリンプを飼育した時にドライイーストとビオフェルミン錠剤を使った事があり
ドライイーストは駄目だったが、ビオフェルミンで維持できたので、水換え用のストック塩水に微生物が湧けば
ビオフェルミン錠剤を削って投入して様子を見たい。


関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






こんばんは!
自分は淡水で24時間で全滅させてしまったクチなので、
このままひょっとしてひょっとするんじゃないかと自分の事の様にワクワクしていますw

塩分いれたことでパズルがカチっとはまった感じがします。
あと一息ではないでしょうか?

えさですが、
海水のろ過バクテリアの素で汽水魚であるバンブルビーゴビーを繁殖させたレポートをみたことがあります。
ヤマトヌマエビがフィルター内でひっそり繁殖していたという記事をみたこともあります。
それなりの水流とフィルターの浮泥とかどうでしょう??

[ 2011/03/08 00:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
いらっしゃいませ。
今の所順調です(笑)
ここから餌などで悩む事になると思います。

ろ過バクテリアを使う方法はブラインシュリンプで試した事があるのですが、
添加量を間違えると全滅する恐れがあるので怖くて出来ません。(笑)
でもチャレンジしないと駄目ですよね、テトラ社の海水用バクテリアがあるので試してみます。

いつも助言を頂きありがとうございます。
[ 2011/03/08 04:12 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)