△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

水作スペース底面45

底面45 2011-05-29 (11)

廃盤になっている水作のコーナーS(現在は水作スペースエアフィットとして発売)に
接続して使う底面ユニットだ。(45cm水槽用、これ以外に60cm水槽用もあった) 
この商品、単品では使えない・・・

底面45 2011-05-29 (16)

このようにコーナーSに接続して使う・・・(写真はパッケージから引用)
たぶん現在発売中のSPFにも取り付け可能?

底面45 2011-05-29 (9)

この底面ユニットは面白い形をしている。
底面フィルターに有りがちなスノコではなく断面が逆三角形のハシゴ状の形状になっている。
アクアシステムのプロジェクトフィルターに似た感じだ。

底面45 2011-05-29 (5)

写真の○印の箇所に2.5mmの孔が開いていて、そこから水を吸うようになっている。
パッケージ裏面には下記のように書いてある。

2.5mmの孔が理想的なろ過を可能にした!
●底面ろ過器テイメン45は、2.5mmの孔が砂利前面にゆるやかで均等の水流を作り出します。
これによって魚が好む大型微生物が繁殖しやすくなり従来の数倍のろ過能力がアップしました。
●残餌や魚のフンは、微生物ろ過により粉々に分解されて粉状となり孔を通るために、目ずまりがしにくくなりました。
●孔を通った水やゴミハ、V字溝の中を素早く通過し、側面ろ過器に流れ込みます。
(パッケージ裏面から引用)
V字=逆三角形にしたのは流速を考えての事らしい、確かに流体は壁に沿って流れるので円形より良いかも・・・

底面45 2011-05-29 (2) 底面45 2011-05-29 (3)

四隅のキャップを外すと分解出来るようになっている。

底面45 2011-05-29 (6)

水の流れは写真→のようになっていてワンウェーだ。

底面45 2011-05-29 (8)

コーナーSの底面を切り取り挿し込むパーツ  オイル缶に付属する蛇腹注ぎ口と同じ素材・・・

底面45 2011-05-29 (7)

底面にはSPFの吸盤と同じ物が・・・これで水槽の底に固定する。

底面45 2011-05-29 (17)

コーナーSの加工説明写真(パッケージから引用)このやり方だとSPFにも・・・

底面45 2011-05-29 (12)

蛇腹パイプとろ過フィルターのクリアランスを見ると、底面以外にろ過器からも水を吸うように出来てる感じだ。
このクリアランスだとろ過器本体の底を加工するときに穴を大きく広げると
蛇腹パイプをろ過器本体に固定出来なるかな?

コーナーSのろ材も底が塞がっていたので、この蛇腹パイプを入れる為に底を切り取るのだが、
この切り取り部の内径で蛇腹パイプを保持しているようなのでSPFに使う場合は注意が必要だ。

アクアシステムのプロジェクトフィルターがこれを参考にしたか分からないが、
水作さんが見切りをつけた製品なので何か問題があったのだろう・・・
この製品は何時頃のものなんだろ?

底面45 2011-05-29

関連記事 水作さんの2012年新底面ろ過機↓
 水作 [Ari]3036ボトムフィルター&ボトムユニット

関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)