△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

自分が残したいと思うルリーシュリンプさんの表現とは?

今回の写真は過去に掲載した物の使い回しになります。m(__)m

ルリーシュリンプ2012-05-11 (10)

 先月の4月18日付近に孵化したルリーシュリンプさんの稚エビ達も体色に特徴が出てきた。 そろそろ選別を考える時期に来たと思っている。

 近日中に選別落ちした個体等を入れる水槽2本を立ち上げる予定だが、その前に自分が残したいルリーシュリンプを考える必要がある・・・

 ルリーシュリンプさんが国内に入って来たのは調べてみると2010年5月頃、まだ2年程しか経過していない・・・ ビーシュリンプさんとは違い、ブリーダーさんやブログ等で専門的に飼育し情報を公開してる方も少ないと感じる。 なのでルリーシュリンプさんの極上個体がどんなものかよくわかっていない・・・ 

 そこでチャームさんの販売ページでAグレードと言う個体の写真を見たが、若い個体で参考にならなかった・・・ 現実には手元にある個体で繁殖を繰り返して行くので納得出来る個体を自分自身で考える必要がある・・・

ルリーシュリンプ2012-05-09 (4)

 上の写真は我が家の2回産卵した♀個人的にこれをベースに、残したい個体の姿を考えてみた。 ルリーシュリンプさんは頭胸甲(とうきょうこう)と第5尾節から尾肢が赤く、尾肢の先端が白く染まるのが特徴です。(頭胸甲の内側にあるエラがある部分が色が抜けてる事が多い) 他の方や海外の写真を見ると所々尾節に赤い斑点が残る個体も・・・

ベストルリーシュリンプさん2012-05-29

 上記写真の黄色い○印の部分の赤い模様を消したい・・・ 幸い稚エビの中に尾節の頂点に赤い色が乗っていない個体が数匹いるので時間をかければ何とかなりそうだ・・・

ベストルリーシュリンプさん2012-05-2921

 レッタチして赤い色を乗せたり消したりしてみた。 ちょっと変かな? 個人的に思うことは、上記修正した写真の様な個体を目指して繁殖していくと、不自然に赤い色が抜けた個体が増えそうな感じがする。 

 レッドビーさんと比べると見劣りするけどこれはこれでOKかな(笑) ちょっと悩む事は、体色等の表現は♂♀のどちらを重要視したよいのだろう? グッピーやベタ等は♂の方が艶やかで♀が地味な場合が多いが、レッドチェリー系のエビは♀の方が艶やかな感じが・・・ これは実践して理解するしか方法はないかな・・・

今回ちょっと勉強になった事

ルリーシュリンプさん(Rili shrimp)は台湾の王氏によって作られ、漢字で書くと、琉璃蝦と書くようだ。
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)