△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

テトラ社のボトルキャップはなぜ壊れるのか?

テトラボトル 2012-06-12 (1)

 テトラ社の液剤のボトルのキャップはよく破損する。 たぶん設計不良か、材質に問題があるように思える。

テトラボトル 2012-06-12 (2)

 液剤にとってキャップが壊れてしまうのは問題で、キャップが無ければ保存する事も出来ないし液剤の計量にも使われので不便だ・・・

テトラボトル 2012-06-12 (5)

 キャップ裏側の凸が本体の注ぎ口の穴に嵌る設計になっている。 気密性を考えると良いアイディアで凸の棒の長さは計量時の量の目安にもなっている。 

テトラボトル 2012-06-12 (4)

 割れた部分を観察すると後1mm程注ぎ口の高さが短ければ壊れる事はないと思うえるのだが・・・ このボトルは50mlで、過去にアクアセーフ(コンディショナー)の500mlのボトルと1000mlのコントラコロライン(カルキ中和剤)のキャップも壊した事がある・・・ その度に入れ替えて使うことになる・・・ それならボトル入り以外に詰替用のアルミシュリンク(シャンプーや洗剤等の詰め替えパックで使われる袋)で販売して欲しい・・・
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)