△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

フレッシュウォーター・バンブルビーゴビーさんを4ヶ月飼育して感じた事

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-12 (9)

 フレッシュウォーター・バンブルビーゴビーさんをお迎えして4ヶ月経過した、飼育して思った事を書いてみる。

 まず飼育環境について・・・ お迎え前は、体長が3cm弱にしかならい魚なので大きな水槽は必要ないと考えていたが縄張り争いが多く(フグ達程激しくはない)1匹辺り2~3リッターの水量が必要と感じた。 30cm水槽では4匹未満の数で限界かと・・・ 

フレッシュウォーターバンブルビーゴビー2012-03-12 (6)

 水質は中性から弱酸性でそれほど難しく考える事はないと思う。 水温は意外と高水温(30℃)に耐えるが、急激な温度変化に弱い・・・ 水量の少ない小型水槽で水換え時に5℃ほど変化があるとちょっと不味い。

 縄張りの範囲だが、♂1匹辺り半径8cm程なので産卵用の土管等のオブジェは12cm位の間隔で配置かな・・・  ♀は♀同士で固まって過ごす事が多いと感じる。 ♀同士で争う事は少ない・・・

土管 (4)

 隠れ家となる土管は産卵期以外では殆ど中に入らない事を確認、産卵期の4~5月の間だけ使用する感じだ。 土管は内径が15mm程で長さは5cmは必要・・・ ※ 長さ5cmの理由は卵の孵化に関係があります。

 餌は冷凍アカムシがメインになると思います。1匹あたりアカムシ2本程で満腹になります。(笑)

 他の魚との混泳はコリドラス等の底物系との相性は最悪で、餌を摂れず餓死する可能性が大・・・ 積極的に餌を捕食する事が少ないので、混泳出来る魚は限られると感じます。

 エビは捕食対象になるのでエビとの混泳は不可・・・  ※ 大きなエビは問題ないですが稚エビはまず捕食されます。

 ラムズホーンの孵化したての稚貝も捕食してるようで、ゴビーさん水槽では貝の繁殖は殆ど確認出来ませんでした。 ※ もしかしたら、プラナリアも捕食してる可能性もあります。 水槽内にいたプラナリアが居なくなりました。


 繁殖や稚魚の育成は後日記事にしたいと思います。


  

関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






こんばんは。
いまFC2拍手コメントに気付いて、ブログ村に登録してみました。
これで少しでも同好の士が増えるといいのですが笑

返信が遅れてすみませんでした
[ 2012/07/08 02:28 ] [ 編集 ]
いらっしゃいませ~>Mocchyさん
意外とブログ村から来てくれる人多いから賑やかになるかも。
Mocchyさんのブログは汽水域の植物関連の話題が豊富だからそこそこ訪問者がありますよ。

>返信が遅れてすみませんでした
気にしてないよ。 無問題(笑)
[ 2012/07/08 08:05 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)