△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

親ルリーシュリンプ♀さん無慈悲の脱皮(泣)

ルリーシュリンプの脱皮殻 2012-07-27 (6)

 親ルリーシュリンプさんが艶々ボディーでリフレッシュしていた。 抱いてた卵が孵化したのだと思っていたら流木の影に脱皮した殻が・・・

ルリーシュリンプの脱皮殻 2012-07-27 (1)

 卵が残ったままだ・・・ 脱皮したのは暑さのせいか? 発眼している卵なのでなんとか孵化して欲しい・・・ 孵化することを願い、別の水槽に隔離した。 
ルリーシュリンプの脱皮殻 2012-07-27 (3)

 なんだかな・・・ 

[ルリーシュリンプ] ブログ村キーワード
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






はじめまして。
ルリーを飼いたいと思いサイト巡りをしていてこちらのブログを見つけ読ませてもらいました。
私も神奈川在住なんですが、ルリーの水槽の水温は何度で設定されていますか?
今の時期とても暑くなり、冷房設備がなくても飼えるようならルリーにチャレンジしてみようかと思っています。
いきなりで失礼だとは思いますが質問させてください;
[ 2012/07/31 14:50 ] [ 編集 ]
いらっしゃいませ~>Anzatoさん

ご質問の件ですが
我が家には4本のエビ水槽がありまして、そのうち1本に空冷ファンを取り付けています。
空冷ファンを設置した水槽では平均29℃程の水温を維持しています。(稚エビ育成用水槽)
それ以外の水槽は室内の気温と同等の環境です。

水槽の水量にもよりますが、我が家ではすべての水槽が30cm水槽なので水温の変化が激しいのですが
ルリーシュリンプ及びミナミヌマエビやファイヤーレッドも水温33℃でも問題なく飼育できています。
ただし、孵化して1週間程の稚エビにはキツイらしく、日に日に数が減っています。
高水温の為に水槽内の稚エビの餌になる微生物に影響が出ている可能性も・・・ 

アクアネグレストと思われるかもしれませんが、現在高水温実験の水槽がありまして、そこに選別落ちしたルリーシュリンプさん等のエビ入れて観察していますが、水温が36℃程で水槽の隅に固まってあまり動かなくなります。
36℃の環境が続くと落ち始めると思います。

長々と書きましたが、水量の多い(20リットル程)の水槽なら水温30℃以下でキープできれば問題ないと考えています。リミットは33℃だと考えて下さい。
※ 水温が上がると有酸素量が減るのでエアレーションは必須です。

水温に目を奪われがちですが、高水温だと与えた餌の痛みが早く、与える量によては水質悪化を招く事もありますので注意が必要です。

また何かあれば質問してください。 宜しくお願い致します。
[ 2012/07/31 18:46 ] [ 編集 ]
お答えありがとうございます。
現在60規格を立ち上げ途中でルリー飼育に当ててようと思っています。
水温の件、安心しました。
もしよろしければこれからもルリーの記事、書いていただければ嬉しいです。
私は大型魚メインにやっています、もし大型魚でなにかあれば^^
またご相談させていただくかもしれません、よろしくお願いします。
[ 2012/07/31 18:55 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
お役に立てて光栄です。
60cm水槽で飼育を始めるなら問題なく上手く行くと思いますよ。頑張って増やして下さい。
今私の飼育してるルリーシュリンプさんは低いグレードからスタートして高いグレードにUPする事を目指しているので当分の間は記事に出来ると思います。
ご期待にそえるか判りませんが頑張ります。

大型の魚の飼育者さんですか、素晴らしいです。個人的に大きな魚を飼育出来る環境ではないので羨ましいです。
何かあれば相談に乗って下さい。
[ 2012/07/31 19:10 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)