△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

蝶の蛹その後1

蝶の蛹 2012-08-15 (4)

 蝶の蛹の件でポリバグさんから貴重なコメントを頂いたので新たに写真を撮り直してみた。 照明の加減で蛹の色が若干違うのでご容赦ください。 

蝶の蛹 2012-08-15

 写真を撮り直してもポリバグさんが指摘下さった寄生バチによる攻撃を受けたような傷(穴)は無いように思えます。

蝶の蛹 2012-08-15 (2)

 この写真を見て思うことがあればドンドン指摘してください。

蝶の蛹 2012-08-15 (3)

 でも羽化するように思えないな・・・ ダメ元と思って暫くは観察する事に・・・ 蛹からどのくらいの日数で孵化になるのだろう?

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ



Date: 2012/08/16 Time: 02:32
Title: 蝶の蛹その後1
- 昆虫
タグ未指定


Response: Trackbacks (0) / Comments (3)






コメントの投稿






改めて見ても穴はないですね(経験者だなんて言ってもらえるのに面目ないです)。

しかし、見た感じでは確かにダメっぽいですね・・・褐色の蛹は何回も見ましたが、ちょっと黒が濃いかなと思います。あと腹の節が自然で無いような・・・蛹が動くようであれば生きている証拠なのですが。それと2枚目の画像の腹部と胸部の境目あたりの傷(?)も少し気になります。
でも、もしかしたらもありますし、様子を見られるのは正解だと思います。

さて、羽化に関してですが、自分のところでは10日程度が多いです。何年か前の冷夏の時は2週間以上かかりましたが、基本的にそれ以上かかることは無いかなと(ちなみにこちらは東北です)。それと、恐らくチョウの種類はクロアゲハかなと思います。
[ 2012/08/16 13:33 ] [ 編集 ]
度々有難うございます>ポリバグさん

蛹は触っても動くような事は無くオブジェのような感じです。
幼虫が自分で選んだ場所で蛹になったので駄目でも仕方がないかと・・・
10日程で羽化すると教えて頂いたので、今月の20日まで様子を見たいと思います。

蛹で親を判別できるとは凄いです。 個々特徴があるんですね。
この蛹は会社の敷地内で発見していて、会社ではよく黒い蝶を見ていたので正解だと思います。
ミカンの木に幼虫がいたのを何度も確認しています。 春先に植木屋さんが選定したりするので最近は見ることが少ないですが・・・

今回は蛹の件でお世話になりました。 とても勉強になりました。 
また何か感じた事があればコメント残して下さい。 有難うございました。
[ 2012/08/16 22:16 ] [ 編集 ]
いえいえ、こちらがいつも勉強させてもらっています。

しかし、触っても動かないとなると相当怪しいですね・・・でもやはり、もしかしたらがありますからね。
そして、チョウの種類ですが、当たっていたようで何よりです。以前の記事にあったナミアゲハの蛹と比較するとわかりやすいのですが、胸部に突起があるかないかで判別できますよ。あとは蛹の角度も種類によってだいぶ異なっているのでポイントになりますよ。
[ 2012/08/17 20:51 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)