△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

転覆病なのか?

F2アベニーパファー転覆 (1)

F2アベニーパファーの♂が4日前から転覆状態になってしまった。 原因は消化不良で腸詰まりを考えたがフンをするので違う理由のようだ・・・
 こんな症状は数百匹の飼育経験で初めてだ。 対処の使用がない・・・

F2アベニーパファー転覆 (4)

下腹部が異様に膨らみバランスが取れない感じだ。 このような膨らみは卵を持った♀ではよくある事だが転覆する事なかった・・・ ♂なので卵が・・って・事はない・・・
 転覆していても食欲旺盛で争って冷赤アカムシを食べている・・・ 

F2アベニーパファー転覆 (3)

 浮力の調節が出来ないらしく、流木や水草の中に体を突っ込んで体を支えていることが多い・・・ 不幸中の幸いか、他の仲間から苛められる事も無く仲良くやっている。
 大抵の場合、疾患のある固体は苛められる運命なのに・・・

F2アベニーパファー転覆 (2)

 手の施しようがないので暫くは様子見だ。  なんだかな・・・
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






初めまして
転覆病の対処方法は結局見つかりましたか?
うちの飼育魚も冬い転覆病を引き起こしました。初めて経験です。
見ていて大変辛いですね。
[ 2017/02/09 22:34 ] [ 編集 ]
いらっしゃいませ>ハルさん

飼育してる生き物が病気になると何も出来ない事が多く経過見送るだけで辛いですね。 転覆病には幾つか発症する原因があって特定するのが難しくです。 消化不良による転覆だと効果的な治療ができる製品もあるようですが、浮袋等の原因の場合外科的治療で一時的には症状を緩和できる事もありますが一時期的なもので完治は難しいと思います。

一度発症すると治療は難しいですね。 何かアイディアがあっても魚にとっては辛い治療になるので結果トドメを刺す事にもなるので見守るしか無いですね。  助けにならず申し訳ないです。
[ 2017/02/10 11:16 ] [ 編集 ]
なるほど そうなんですね。
うちの温帯魚は飼育から4年を過ぎ老魚の状態なので、この時期の寒さもあって
底でジッとして横たわったり、ひっくり返ったりしてますが最期は静かな環境で過ごさせる
方が幸せかもしれません。
ありがとうございました。
[ 2017/02/14 06:01 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)