△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

毎日の餌やりはどんな時間帯でしているのかな?


 他の飼育者さんの愛魚に与える餌の時間帯がちょっと気になる・・・ 私(寿)が魚に与えている餌の時間は朝の5時半から始まる・・・

 起床直後に各水槽の照明を点灯し、まず最初にレッドテールアカメフグにクリルを与えます。 クリルを与えた後に稚アベニーパファーさんの為のブラインシュリンプを湧かす準備になります。(毎日早朝にブラインシュリンプが孵化するように時間を逆算して仕込んでいます)

 照明点灯の30分後に親アベニーパファー世代に冷凍アカムシを与えます。 30分後に与える理由は、我が家のアベニーパファーさんは寝起きが悪く、寝起き直後に餌を与えると食べ残す傾向があります。 30分後あたりが一番食い付きが良いのでそうしています。

 親世代に餌を与えた後に稚アベニーパファーさんのペットボトルの底に溜まったゴミを吸出してからブラインシュリンプを与えます。 少なめに与え15分後に食べ残しがなければさらに少しブラインシュリンプを与えます。

 再度与えた15分後に食べ残しがあれば容器から吸い出して親ゴビーさん与えます。

 稚アベニーパファーさんの世話が終われば稚ゴビーさんにブラインシュリンプを与え、エビ達にも餌を与えて朝の餌やりは終了し身支度をして出社します。




 仕事から戻る(午後7時半頃)と稚アベニーパファーさんと稚ゴビーさんにブラインシュリンプを与えた後にレッドテールアカメフグに冷凍アカムシを与え、親世代のアベニーパファーさんには人工飼料のクルリグラニュールを与えます。

 稚アベニーパファーさんや稚ゴビーさんにブラインシュリンプを与えた30分後に底に溜まったゴミを吸出しヒドラ等の天敵の駆除をして餌やりは終了・・・ その後観察やブログ用の写真を撮影します。 夜の餌やりから3時間後に消灯して魚達は就寝します。 

 水換えを行う土日は夜の餌やり時間が少し変わります。 毎日こんな感じで世話をしています。(笑)

 自分の暇な時間に餌やりが出来れば楽なのですが、毎日決まった時間におこなって習慣化していないと長く続ける事が出来ません・・・ 馴れてくれば朝夕は1時間程で終わります。 几帳面過ぎると思いますが魚第一で考えると仕方がないかな・・・ 






 
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)