△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

思い違いの大失敗・・・

F2アベニーパファー 2013-04-05 (1)

 3日に稚ゴビーさんの居るサテライトの稚アベニーパファーさんを入れ替えた。 その入れ替えた孵化後6週目の稚アベニーパファーさんに問題発生・・・ 稚ゴビーさんをブラインシュリンプから卒業させる為に人工飼料を与え始めているが、稚アベニーパファーさんがその餌を食べて転覆してしまった。
 ※ 写真は転覆から復帰した稚アベニーパファーさん

餌 2013-04-05 (1a) 餌 2013-04-05 (1b)

 転覆の原因は、人工飼料のサイズだった・・・ 今回使った人工飼料はキョーリンさんのメダカ餌で高カロリーの物だ。 粒のサイズは手持ちの餌の中で一番小さく稚ゴビーさんでも丸吞み出来る大きさだった。 この餌は水分を含み膨張するまで時間がかかるようで稚アベニーパファーさんがふやける前の餌を食べた為に食べ過ぎてしまったようだ・・・
 ※ 写真の赤○内の餌はクリル・グラニュールパッファ、緑○内はひかりクレスト・カラシン、青○内はひかりメダカの餌(産卵・繁殖用)
 ※ 右写真は水の中に10分漬けた状態で撮影、ひかりメダカの餌(産卵・繁殖用)はあまり膨張しないようだ・・・

F2アベニーパファー 2013-04-05 (11)
 稚ゴビーさんが人工飼料を食べるのを見て稚アベニーパファーさんも餌付いてくれればと考えていたが甘かった。 転覆自体は半日で復活したが、その姿を見るのは辛い・・・ 今まで口のサイズに合った小さい顆粒状の餌があれば飼育が楽になると考えていたが、ケースバイケースで失敗する事を学んだ・・・ 
 
F2アベニーパファー 2013-04-05 (12)

 今後はひかりメダカの餌を止めて、ひかりクレスト・カラシンを与える事にした。 底に沈んだ膨張した餌なら食べ過ぎる事もないだろう・・・ 食べ残しても飼育容器がサテライトなので水質悪化の心配も少ない・・・

 
 
 



関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)