△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

かに水槽の立ち上げ・・・

かに水槽の立ち上げ・・・クラブ水槽 2013-07-19 (2)

 ♂が☆になり気持ちが凹んでいたが、♀まで落とす事は出来ないので無い知恵を絞って思いつくままに水槽を立ち上げてみた。 今回のカニ水槽はこの夏を乗り切る為のもので、オールシーズンに対応に出来ないと考えている。 カニ1匹の縄張り範囲等判らない事だらけで現状必要と思える要素を詰め込んでみた。

 当面重要と考えたのは水場だ。 飼育書等を読むと、脱皮やエラ呼吸に水場が必要との事、水場を維持する為の濾過機の設置だ。 手持ちの水槽で置く場所を考えると30cm水槽程のスペースしか確保出来ずこのサイズでは水槽内に陸地と水場以外に構築は出来ない・・・ 本来なら45cm水槽程の底面積があれば冬場の保温に必要なヒーターも設置できるが今回は夏場を乗り越える為と割り切った。

 カニの全体が浸る水深を確保するだけなら2cm程あればOKだが、濾過機の求める必要水位を考えると・・・ あと水質維持の為にも水量は多いにこした事がない・・・ 陸地は土や砂利で構築したかったがスペースの関係や濾過機のメンテナンス等を考えてコトブキさんの濾過ジャリをチョイスした。 頭の中の構想では濾過ジャリ内に濾過機を埋め込み濾過ジャリを濾材にして水質維持に貢献してもらう事に・・・ 

クラブ水槽 2013-07-19 (3)

 濾過機にはテトラマイクロフィルターをチョイスした、これはモーター駆動の濾過機で一番小さいモデルで消費電力も少なくなると考えたからだ。 ただテトラマイクロフィルター内の活性炭フィルターは容量が小さく濾過ジャリ内に活性炭パックを別に埋め込んである。

 あとカニは穴を掘って巣を作るらしく、熔岩石の鉢や3号の植木鉢にGEXの水草一番サンド(パウダー)を入れてみた。 吸着系のソイルにもお仕事してもらう為で後々湿地に向いた植物も植えてみたいと・・・

 現状思いつくまま構築してみたが、まだ改良の余地があると思う・・・  さしずめこんな感じで・・・
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)