△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

ディープレッド・バンパイアクラブさんについて思う事・・・

ディープレッド・バンパイアクラブ 2013-07-25 (1)

 飼育を開始してもうすぐ一ヶ月になる、脱走や突然の別れ等、早々と経験した。 で、今疑問に思うことがある。

ディープレッド・バンパイアクラブ 2013-07-25 (2)

 専門書の記事や写真を見ていると、我が家のディープレッドさんと何か違いがあるように思える・・・ まず専門書の写真を見ると蟹の全身が濡れていて潤いがある。 我が家のディープレッドさんの体表は乾燥しカサカサした感じだ。 呼吸をする為に水が必要と書かれているが、我が家のディープレッドさんは水を苦手にしてる印象がある(水場から離れた場所にいるし、水に濡れるのを嫌っているようにも見える・・・) 乾燥している事に危険を感じてスポイトで水を搔けるとパニック状態に・・・ 水分が足りなくなると泡を吹き始めるて危険だとも書かれているが今だ泡を噴いてるのを確認出来ない。 エラで水分から酸素を摂取してると思われるが、我が家のディープレッドさんは水とは無縁の感じも・・・ 蟹が直接水を飲むのだろうか? 胸脚の体表を伝わって水を摂取してるとすれば、我が家のディープレッドさんの乾燥状態で良いのだろうか?(良く見るとハサミある第一胸脚は濡れてる感じがする・・・ 第一胸脚から水分を補給するのかな?)

ディープレッド・バンパイアクラブ 2013-07-25 (3)

 脱皮について、成長期と成熟期では脱皮の回数が変わってくる事はザリガニ飼育で経験しているが、ディープレッドさんも似たような物だと考えている。 でも成長期や成熟期の大凡の回数(年に何回とか)などを厳密にデーターを取った記録が見つけられない・・・ 成長期の場合、親の背から旅立つ前の稚蟹のサイズから想像するとかなり多いような感じがする。 孵化後から何度脱皮すれば成熟した(産卵可能な体)になるのだろう? 脱皮は水の中で行われると書かれているが必要な水位が書によって違う・・・

ディープレッド・バンパイアクラブ 2013-07-25 (4)

 繁殖について、 これも情報が少なく、雌雄を一緒にしてれば知らない間に交尾し♀が仔を背に背負っている状態なのだろう・・・ 飼育者がいくら願っても交尾してくれるわけではないが、もう少し情報があっても良いのではと思う・・・ 例えばエビだと成熟した個体は満月の大潮の時に抱卵したりするわけだが、ディープレッドさんもそうなのか? 飼育書では雌雄を単独飼育して交尾の時だけ同じ水槽に入れると書いてある。 と言うことは、大潮の時期等関係なくいつでも交尾可能なのか?  サワガニさんは年に夏の時期だけ仔を得るような感じだし、ミクロスパイダーさんは大潮の時に仔を放出するし・・・ 交尾のタイミングが何時なのかが判らないと一緒にする時期もままならない・・・ 交尾後何日?何週間で仔が独り立ちするのか? エビの場合、ハッチアウトまでの積算温度がだいたい判っていて、蟹にも同じような計算が成り立つのか? 謎だ・・・

ディープレッド・バンパイアクラブ 2013-07-25 (5)

 先人の飼育者さんも多数いると思うが、F1やF2まで育て上げた飼育者はいないのか? 飼育メソッドが確立されていないのが苦しいな・・・

 自分の知らない事を体験しながら経験し、知識を蓄えていく楽しみは飼育の醍醐味なのだが、生体についてあまりにも未知の部分が多いと憂鬱で不安になる・・・
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)