△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

ディープレッド・バンパイアクラブさんについて思う事・・・2

ディープレッド・バンパイアクラブ 2013-08-12 (1)

 今回、新規水槽を立ち上げたが、頭の中にではオールシーズン対応の水槽を模索していたでが、色々と考えると現在の飼育スペース(水槽を置く場所)では無理なので夏を乗り切る為の水槽を立ち上げる事になった。

 飼育書等では30cm水槽から飼育可能と書かれているが水槽レイアウトは浅く水を張った状態で観葉植物を植えた鉢を入れて陸地を作り飼育すると言うスタイルになる。 30cm水槽の高さでは背の高くなる植物は入れる事が出来ないなので必然的に入れる植物は限られる・・・ 又は一般のザリガニ飼育の様な浅く水を張った飼育方法になるのかな・・・

 自分では上記の飼育スタイルに違和感があり別の方法を考えていた。 違和感の理由は観葉植物を入れた水槽だと生体の観察に不向きに思え、ザリガニ飼育タイプだと水質維持等に手間がかかると考えていた。 飼育してるのがバンパイアクラブだけなら少しの手間も惜しまないが、アベニーパファーさんも稚魚を含めて200匹以上飼育してるので世話する時間も限られ手間の掛からないカニの飼育方法を捻り出す必要があった・・・

ディープレッド・バンパイアクラブ 2013-08-12 (2)
ピンボケで申し訳ないです・・・

 オールシーズン対応の水槽にはヒーターは必須で、ヒーターを床材の中に埋めることはNGなのでヒーターを設置するスペースを確保すると最低でも45cm水槽が必要に感じる・・・ それでも45cm水槽で5匹程が限界かな・・・ ハイト水槽(背の高い水槽例えば30×30×45等)などでレイアウトする場合、陸場を盛り上げる様に高くするので水平な陸地部が無くてそれでOKなのか?とも思う・・・ 穴を掘って潜る修正があるので傾斜だけの陸地はNGかなと・・・ 自分では冬までに45cm水槽で上部濾過機を使った水槽を考えている・・・

 今までに飼育していて思った事はバンパイアクラブさんは高温に大して弱い感じをうける、例えば30℃を超える気温の中では2日もすると体色が落ちて動きも鈍くなり危険に感じる・・・ できれば25℃の室温で飼育するほうが良いと思う・・・ 体色が落ちると言っても意味が通じないと思うが、見た目艶が無くなり目が濁った色になる。 調子の良い個体はハサミのある第一胸脚が鮮やかに発色して(艶々な感じで)目が綺麗な色をしている。 購入時には発色の良い個体を(第一胸脚と目)見て選んだ方が良いと思う。

ディープレッド・バンパイアクラブ 2013-08-12 (3)

 あと、餌について・・・ 購入時に必ずどのような餌を与えていたか聞いて購入する事をお勧めします。 ちょっとした失敗談になりますが、昆虫食がメインになると以前かきましたが、実際に与えてみると良く食べてくれますが飽きるのも早いような気がします・・・ コオロギを少量購入して水槽内に放し、数日で食べきると思っていましたが、先日の水槽交換時に大きく成長したコオロギを発見しました。 いつのまにか共存していました、思うようにいかにものです(笑) 

 まだ色々と思う事があるが考えが纏まらないのでまた後日に・・・



 
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)