△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

トランジットコンパクトのクランク&チェーンリングの交換

トラコン 2013-09-19 (01)

 トランジットコンパクトの最高速向上の為のカスタマイズが一先ず終了した。

トラコン 2013-09-19 (02)

 純正の46Tのチェーンリングから52Tのチェーンリングに交換、それに伴いクランクも170mmに変更した。 スティール製のクランクからアルミ製の物に交換した事で車重も少し軽くなった。 クランクを長くした事で漕ぎが軽くなると思ったが6T増えた事で相殺された感じだ(笑) ケイデンス80rpmで時速22Kmをキープ出来るようになった。 純正セットと比べると2kmUPし、これでママチャリと互角になった(笑) 最高速も平地で27kmを記録、純正セットでは下り坂で記録できる数値だ。

 クランクは純正と比べると2cm程長くなっただけだが、純正セット程回転数(漕ぎ)が稼げない・・・ これは想定外だった・・・ 純正セットと同じようにペダルを回せると考えていたがペダルの描く円弧が大きくなったので思ったより早く漕げない・・・ 暫く漕いで脚を鍛えるしかないかな・・・

トラコン 2013-09-19 (03)

 自分の体格(足の長さ)にあったポジションにシート高を合わせて数キロ走ってみた。 そこで気がついた事が・・・ ハンドルを上げているので加重が後輪にかかり前輪に接地感がない・・・ ハンドルステムに2kg程の重さをぶら下げて走ってみると前輪のフワフワした感じが解消されて片手で運転してもふらつかなくなった。 そこでハンドルステムを一番下まで下げて体重が前輪に載る様にしてみた。 運転姿勢が窮屈になったが前輪の接地感は錘を付けた時と同じ具合で良い感じだ。暫く様子をみてハンドルの高さを上げていこうと考えた。 

トラコン 2013-09-19 (04)

 ハンドルを下げた事でのデメリットを探る為に折り畳みコロコロと押してみると、押し難くなったような・・・ 追々解決する事に・・・

トラコン 2013-09-19 (05a) トラコン 2013-09-19 (05b)

 折り畳んだ状態で持ち上げる事が出来るようにフレームにハンドルを取り付けた。 これで階段等の段差を持って上がるが楽になった。

トラコン 2013-09-19 (06)

 ハンドルを下げた事で乗車姿勢がレーシーになった(笑) これならドロップハンドルを付けても様になるような・・・(笑) その前に泥除けを付けないと雨の降った後に走ると大変な事になる・・・

トラコン 2013-09-19 (07)

 12インチの小径タイヤで最高速を求めてもたかが知れているが、健康器具として全力で漕いでも(足の筋肉に負荷をかけても)コントロール出来るスピードの範囲で走れるのは面白い。 サドルからハンドルまでの距離や高さの追求等まだまだ野望は続く・・・
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)