△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR


採取から7日目のディープレッド・バンパイアクラブさんの卵

カニ卵 2013-09-20 (1)

 日に日に卵が駄目になっていく・・・ 

カニ卵 2013-09-20 (2)

 駄目になっていく卵には2パターンがある。 まず、丸い形が崩れて卵の中がオレンジ色になりカビが生えてしまうパターンと卵の形は崩れず、オレンジ色に変色してからカビが生えるパターンだ。 形が崩れるパターンは湿気の度合いによるようだ。 少し乾燥した環境だと卵は崩れず変色してカビが生える、湿気が多いと卵が崩れてしまうように思える。(二枚目の写真の卵の横の黒い塊はGEX製水草一番サンドのパウダーソイルの一粒、その右横にカビが生えた卵)

カニ卵 2013-09-20 (3)

 形が崩れるパターンだと卵の表面にシワが出来てザラ付いた感じになり、その後表面(殻)が裂けるように亀裂入るようだ。 二枚目の写真の→部が裂けてる部分・・・ 残念な事にこの卵は赤い→の部分にカビが・・・ 

カニ卵 2013-09-20 (4)

 型崩れ無しにカビが生えるパターンだと卵の変色から形状を維持したままカビが生える。 維持するのは中々難しい・・・

 現状生きてる卵は2個程、生きてる卵は表面に艶があり綺麗な球状を保っている。 でも明日どうなってるか判らない。  上手く稚カニが現れても何を食べて成長するのか判らない・・・

 人工孵化での生育ケースの湿度管理は難しい・・・ 部屋全体で湿度管理しないと駄目な感じだな・・・ 

カニ卵 2013-09-20 (5)

 実際の所はどうなんだろう? 今までカビが生えるから卵が駄目になると考えていた。 でも卵が駄目になったからカビが生えたと考えるべきなのか?

カニ卵 2013-09-20 (6)

 会社の庭先に自生していた苔をソイルに植えてみた。 根付いてくれるるかな・・・
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)