△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

採取から10日目のディープレッド・バンパイアクラブさんの卵は全滅


 やっぱり卵は全滅してしまった。 状況はカビによる全滅になる。

 前回は乾燥で駄目にしたの今回は「適度な湿度を・・・」と考え、水分を多めに入れた・・・ それが裏目に出てカビが発生・・・ カビ対策をしっかり頭に入れて環境を作るべきだった。

 もし次回があるならばカビ対策として抗菌作用のある飼育水を作る必要がある、やり方としてはアルターシードを使うのが一番楽かもしれない・・・ それ以外にあまり使用したくないが天然ハーブエキスの例の薬品も・・・

 次回がある=「仔を持った♀が☆になる」になるから次回は期待したくないが、それでもある程度想定はしないと駄目だと思う。

 話はちょっと変わりますが、現在カニ水槽には汲み置きしエアレーションした水を使っている。 カルキ抜き剤等の人工物を使用しないで、ナチュラルな物を使う事を心がけている。 でもカニのいた環境は自分が作るナチュラルな環境とは違うはずだ。

 そこで汲み置き+エアレーションの水にマジックリーフを添加して見ようと思う。 ここでは弱酸性の水を作る事が目的でなく、葉から溶出する成分等にある種の期待をしたい・・・ 我が家のカニさん達は水を嫌う(避ける)傾向があるのでマジックリーフを添加した水でカニの行動に変化があるか観察したい。

 卵生メダカの育成や繁殖に使われるピート類の知識を得る必要があるかな・・・ 来月あたり入手できるピート類を購入してみたい。
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)