△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

変わりメダカと変態グッピーの即売展覧会に行ってきたよ。

変わりメダカと変態グッピー | 珍魚庵



めだかイベント 2013-10-13 (13)

 Mocchyさんのブログ「珍魚庵」で告知されていた「世界の創作めだか展覧会」に行ってきました。 午前中に別のイベントに行った帰りに寄り道してきたので会場に着いたのは午後2時頃。 東京の土地勘が無い自分では携帯端末のタブレットがなければ到着出来なかったかも・・・

めだかイベント 2013-10-13 (12)

 到着した船堀駅に着くと改札前でチラシを配ってる方がいて会場の行きかたを丁寧に説明してもらえた。 土地勘の無い自分にとってこの説明が凄く心強かった。(感謝)

めだかイベント 2013-10-13 (1)

 会場は映画館等が入る多目的ホールの一室を使用されていた。 会場の広さは約50畳位の広さで真ん中をパーテェションで仕切り入り口を一つにして二つのイベントを分けていた。(会場の内の写真はプライバシー等の関係で撮影を遠慮した)

めだかイベント 2013-10-13 (3)

 左側のスペースでは卵胎生メダカのコーナーで主にコンテストブースでした。 グッピーやプラティーの改良品種が小さなプラケースに並び投票券をケース手前の紙コップに入れるやり方だった。

めだかイベント 2013-10-13 (6)

 出品数は100点程かな? ぷらケースの前の紙には品種の説明(A種+B種の掛け合わせ等の細かい情報等)書きが・・・ 自分の興味を持った魚しか知識が無いのでコンテスト出品された良し悪しを判別する能力がないので生体の説明は省きます・・・ あと個別に魚を撮影を試みましたが、手持ちのショボイ機材では動きの早い魚に対応出来ず諦めました・・・

めだかイベント 2013-10-13 (4)

 コーナーの一角にエンドラーズの原種展示があり写真でしか見たことが無い魚が泳いでいました。 

めだかイベント 2013-10-13 (5)

 このコーナーが見れただけでも行って良かったと・・・ フレームテールのエンドラーズの実物を初めて見て、何時かきっと入手してみたい・・・




めだかイベント 2013-10-13 (8)

 会場右側にある国産改良めだかのコーナーでもコンテストが行われていた。 でも隣と違って種品名の下に値段が表示されていてコンテスト終了後に販売するよだった。 ここでも自分の知識の無さから魚の説明が出来ない・・・

めだかイベント 2013-10-13 (7)

 展示水槽等も何本かあったが、目を引いたの上の写真のような盆栽?と

めだかイベント 2013-10-13 (10)

 浮き草を使った鉢が見事だった。

めだかイベント 2013-10-13 (11)

 この浮き草は「姫千鳥」と書いてあった。 売り物があり一鉢5000円で苗床ポッドに入ったものが1000円で販売されていた。 ショップさんで見たことがなかったので購入も考えたが手荷物が多かったので断念した。

 自分に知識がないので旨く伝わらないと思いますが、イベント自体はこんな感じでした。 一般の来場者もそれほど多く無かった感じです。 めだか救いのコーナーや植物のポットのプレゼント等色々と来場者を楽しませる工夫がありました。




 ここからは個人的主観を書いておこうと思います。 今回のイベントは二つのグループが共同開催したようで、個々のスペースでの雰囲気がまるで違いました。

  日本めだかのコーナーは一見さんウエルカムって感じで品種の説明をする案内員らしき人もいました。 卵胎生メダカのコーナーはマニアの為のコーナーで一見さん気軽に入れる雰囲気では無かったかな・・・ コンテストですから仕方が無いのですが、関係者の多くが展示物の前で話しているので魚を鑑賞できる雰囲気ではなかったです。 別に威圧的という事では無いのですが関係者さんからでてるオーラーと言うか、そうゆうのが近づきにくかったです。 卵胎生メダカ造詣が深ければ楽しみえたのかな? でも楽しそうでした。

 国産めだかのコーナーは組織化されていて一見さんに楽しんでもらう事を優先した感がありますが、卵胎生メダカのコーナーは手作り感があり同人即売会的な感じでした。 面白かったのが国産めだかは上から眺める事を前提とした展示で、卵胎生メダカは側面から眺める展示でそのコントラストが・・・(笑)

 コンテストを見て思った事ですが、ここの魚が完成された感じがせず、まだ未完成かなと・・・ この特徴を改良したいと、と言うような部分は見ていてわかるのですが、何かが足りない感じがしました。 完成した感じがある魚は5品もあったかな? まだ先は長そうで途中経過の発表会というとわかりやすいかな・・・ 人工的に改良された魚は何か違う違和感があるように思えます。

 でもイベント自体はいい感じだと思いました。 また開催されれば行きたいな・・・

 また11月に別のイベントのアクアリウムフェアin Akasaka Sacasに行く予定です。

13c732594a631d4d714131475a88e3da.jpg

名称:アクアリウムフェアin Akasaka Sacas
開催日時:2013年11月2,3,4日
開催時間:午前10時〜午後7時(最終日は午後6時まで)
会場:東京都TBS赤坂サカス、サカス広場、赤坂ギャラリー
主催:日本観賞魚振興事業協同組合(サイト:http://www.jafa-net.org/)
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






こんにちは、行ってみてくださったんですね、ちょっとびっくりしました笑

いやーやっぱりグッピーの方はそんな感じでしたか汗
僕も大阪のグッピー屋さんで誘われたSNSから知ったんですけど
確かにどうしても競技というよりかは創作物の方向性なので、仕方ない部分もあるのかもしれません。

同じような親しみやすいハズの2種類のメダカ(日本メダカとグッピー)なのに違いがでてくるんですねぇ


ちなみにエンドラーズの原種は僕も大好きです!
協賛としてエンドラ爺さんというかたが提供してくれたんじゃないでしょうか。
http://endora-ji2009.blog.so-net.ne.jp/


僕もいつかは創作グッピーというか、大型の水草水槽でグッピーかエンドラーズ単独で飼育して、突然変異の発生から選別交配→オリジナル作出みたいなことをしてみたいものです。

[ 2013/10/14 16:48 ] [ 編集 ]
いらっしゃいませ~>Mocchyさん

 Mocchyさん所で告知見てなければイベントの存在じたい知りませんでしたよ。だからMocchyさんには感謝です。 当日は行けるかどうか分からなかったので内緒にしてました。
 
 外産メダカのコーナーにも原種を展示するスペースがあればと思いました。 個人的にはミクロポエキリア・ピクタとかも見たかったです。 原種の展示がソコソコ無いとグッピー等の華やかさは伝わらないかな・・・ エンドラーズの原種が展示してなければ寂しい催しものだった感じです。
 協賛してるショップさんらは来場したお客さんの為に店の名前が印刷されたポストカードを沢山置いてあったのが良かったです。 僕も沢山もらったのですが帰りの電車の中に忘れてきてしまいました・・・(残)
そんな感じでした。(笑)
[ 2013/10/14 17:32 ] [ 編集 ]
フレームテール
京葉熱帯魚さんに在庫ある、、、かもです
[ 2013/10/20 14:05 ] [ 編集 ]
返信遅くなり申し訳ないです。>Mocchyさん
 千葉のショップさんですか・・・ ちょっと行くには遠いです。 生体みないで通販で購入するのも怖いです。 (笑) 水槽を置く場所もないのが現実で(笑) でも情報ありがとうございました。
[ 2013/10/26 19:55 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)