△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

稚カニ水槽の水換え

水換え 2013-10-16 (1)

 稚カニ水槽の水換えのをご紹介・・・ 他のバンパイアクラブさんの水槽にはろ過機を投入してるので水換えをサボっても生体に対して決定的なダメージは少ないが、稚カニのいる水槽は水位の確保が出来ないのでろ過機が投入出来ないでいる。 小さいとはいえ生体数が多く餌の投入量もそれなりになるので水の傷みが早い、稚カニを観察していると水が傷み始めると水辺から離れて陸側で活動してるようだ。 脱皮間隔が早いので水の鮮度をキープしないと稚カニの成長に影響がでる可能性が・・・ だから2日に一回は水換えが必要だ。

水換え 2013-10-16 (2)

 底に適当な大きさの物を置いてケースを傾ける、稚カニが水辺に居ない事を確認してから水抜き・・・

水換え 2013-10-16 (3)

 水抜きには水作さんのプロホースSを使用してる。 プロホースを使えば全部と言えないが水を抜き取る事ができる。 写真のプロホースSは他の水槽にも使うのでパイプの長さはオリジナルだがパイプをケースに合わせてカットして使えば使いやすいと思う。

水換え 2013-10-16 (4)

 ケース内の推量は500cc以下なので排水量は多くないがかなり臭いが強い・・・ 

水換え 2013-10-16 (13)

 水換えにはエアレーションした汲み置きの水を使っている。 その水にテトラのアクアセーフとジクラさんのジクラウォーター(エビ用)とアルターシードで作ったブラックウォーター(写真右側のビン)を添加する。 添加量は500ccの水に対してブラックウォーターが20CC程、あとの添加材(アクアセーフとジクラさんのジクラウォーターエビ用)は規定量を入れる・・・

水換え 2013-10-16 (12)

 アクアセーフは必須ではないが、残りの2つ(ジクラウォーターとブラックウォーター)は入れた方が良いと考えています。 ※ ブラックウォーターは弱酸性の水にする為に、ジクラウォーターはキトサンが配合されているので脱皮促進補助として・・・

水換え 2013-10-16 (6)

 すべてはこの稚カニさんの為に(笑)


 
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)