△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

ピーコックガジョンさん、君達には驚かされるばかりだ。

ガジョン22013-11-20 (2)

 産卵後姿を見せなかったピーコックガジョンさん♂を探してみると新たな卵を守っていた・・・ これは想定外だった・・・ 狭い土管に入ってる所を撮影すると卵らしきものが・・・ 撮影しなければ気がつくことはなかっただろう・・・

ガジョン22013-11-20 (1)

 産卵床になる土管を撤去していたので産卵はまだ先と考えていた。 でも撤去した土管は二匹が並んで入れる大きな土管でフレッシュウォーターバンブルビーゴビーさん用の内径の小さい土管はそのままにしていた。

 バンブルビーゴビーさん用土管は内径が約14.5mm、ガジョンさん♂が1匹入るのがやっとのサイズで鰭をパタパタさせるのも難しいと思う・・・

 並んで入る事が出来なければ産卵は不可能だと考えていたのが間違いだった。 よく見ると卵の中で目が出来上がっている・・・ この状態だと土管を撤去した後直ぐに繁殖行動をした感じだ・・・ ♂の体力はもつのか? 孵化する頃にはこの♂も激ヤセ状態になるのか? 困った・・・ 

 はたしてこの卵は無事に孵化する事ができるのか? 逆算すると孵化予定日は26日ぐらいかな? 無事に孵化しても育成する水槽が無い、 先に生まれた稚魚との混泳も難しい・・・悩ましい・・・ でも卵の孵化より♂のコンデションが心配だ・・・ 

 土管の設置場所が水槽の奥のほうで中々観察出来ない場所にある・・・ 土管を観察しやすい場所に動かすべきか? う~ん なんだかな・・・・

関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)