△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

カリマンタンクラブさんのお迎え準備

新カニ水槽 2013-11-27 (1)

 カリマンタンクラブさんをお迎えする為に飼育ケースを使った環境の下準備をした。 本来なら30cm水槽でろ過機も設置して作りたかったがケースを設置する場所や水換え等のメンテナンスを考えた結果今回もプラケースを使う事にした。

 現在カニ(バンパイアクラブさん)の飼育ケース(水槽)を三本維持している。 1本はガラス水槽で残りはプラケースだ。 個々の飼育ケースでの維持しているが水換え時に色々と苦労が堪えなかった・・・

 まず30cm水槽はガラス部の重さと中に入れる床材や水量により重く、水槽を傾けて飼育水を一方に寄せてプロホースで完全に水を抜くことが出来ない・・・ 無理をすれば傾ける事は出来るが一歩間違うとガラスを割る事も考えられる・・・ 一番の問題は床材の中の糞や汚水を完全に抜くことが出来ないのが痛い

 プラケースなら傾けて水を抜くことが出来るが、せっかく盛った床材が平らになり水深を確保出来ない・・・ その度に床材を盛りなおして水場の深さをキープする事になる・・・ あと床材の中のごみを完全に除去する事も難しい・・・

 短時間で清掃作業をしたいので今回床材をケースから簡単に取り出せて水辺の深さもキープ出来る様に工夫してみた。

新カニ水槽 2013-11-27 (3)

 鉢底ネットでバスケットを作り、中にセラミック系の軽量な床材を入れて陸地を作る事にした。

新カニ水槽 2013-11-27 (4)

 三cm程の高さになる様に鉢底ネットを切り出し、タイラップ(結束バンド)で固定した。 鉢底ネットやタイラップは100円ショップで入手した。

新カニ水槽 2013-11-27 (5)

 鉢底ネットは柔らかいので補強もしてみた。 プラケース内から取り出す時のハンドルを何処かに取り付けしたかったが位置が定まらず今回は取り付けを見送った。 数度使用してベストな場所が分かれば取り付け予定でいる。

新カニ水槽 2013-11-27 (6)

 プラケースに仮セットしてみた。 水場はMサイズのケースなら幅約1/5程あればOKかな? バスケットにはコトブキさんのろ過砂利をセット予定、バスケットの上にはハイ苔を載せて完成になる・・・ カリマンタンクラブさんのお迎えは金曜日頃になるかも・・・

関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)