△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

CROW'S factory 製 HawglegHolster large

レッグホル2014-01-05 (1)

 CROW'S factory製 HawglegHolster largeのご紹介
 
 タブレットのネクサス7を購入してからタブレットを収納するバックを色々と試していた。リュックタイプだと一々肩から外して胸の前に持ってきてファスナーを開けて取り出す事になりちょっと気軽に出し入れできない・・・ ショルダーバックだとバック内に乱雑に仕舞い込む感じでちょっと遠慮したかった・・・

 少ないアクションで出し入れが可能なバックと言うと意外と限られてくる。 そこで随分昔に購入したcrow's factory製 HawglegHolster largeを試してみると使いやすかったので最近はこれに入れて持ち歩いている。(写真右側がStanderdで左側がlargeになります)

レッグホル2014-01-05 (3)

 出会いは約10年前ぐらいかな・・・ ミリタリー系の即売会に行った時に見つけ全体的なデザインが気に入った。 夏場に財布やウォークマン等の小物を入れるのにlargeタイプを購入した。 でもサイズが大きくてその後小さいStanderdタイプを購入し、それがメインになりlargeタイプは殿堂入りしていた。 今回largeタイプに7インチのタブレットを入れるとちょうど良い大きさで出し入れ等、自分が思う機能性を全て満たしている。

 レッグホル2014-01-05 (20)

 このHawglegHolsterにはヒップバック?としてちょっと変わったデザインになっている。 左右の腰部分に装着する物で、太ももにバック部を固定するベルトが2本付属する。 本体につくバックル部は幅広のゴムバンドで固定されていてベルト自体に伸縮性をもたしてる。 その事により足の動きを妨げない工夫がされている。 この太ももベルトは脱着式で取り外しが可能・・・(Standerdタイプはベルトが1本になります)

レッグホル2014-01-05 (4)

 蓋のフラップ部はクイックバックルが付いていて指1本でワンタッチで開閉出来る。

レッグホル2014-01-05 (6)

 フラップ部を開けるとメインコンパートメントは二つに仕切られている。 バック部の太ももに触れる部分はハニカムメッシュ素材で通気性を確保している。

レッグホル2014-01-05 (10)

 サブコンパートメントはファスナーの付いたもので開閉出来るように左右に付いている。

レッグホル2014-01-05 (25)

 タバコやポケットティッシュ、メモ帳、筆記具等を収納できる。

レッグホル2014-01-05 (26)

 フラップをロックしていてもファスナーは両サイドから開く事ができて中身にアクセスができる。

レッグホル2014-01-05 (17)

 フラップ取り付け上部に少し浅めのファスナー付きのポケットがある。 ウエストベルトも脱着可能。

レッグホル2014-01-05 (30)

 浅めのポケットなので入れる物は限定されてしまう。 一昔前は電車の切符を入れていた(笑)

レッグホル2014-01-05 (22)

 ウエストベルトと太ももベルトを連結してショルダーバックにも出来る。

レッグホル2014-01-05 (7)

レッグホル2014-01-05 (8)

 バック部の両サイドには別売りオプションのポーチを取り付ける事が可能、

レッグホル2014-01-05 (9)

 タバコ用のポーチはジッポライターを入れる為の独立したポケットがある。 

レッグホル2014-01-05 (31)

 バック側のポーチ取り付け基部は写真の通り・・・

レッグホル2014-01-05 (32)

 ポーチ側に付いているベルクロ付きベルトで固定する、このシステムをCROW'S factoryではSASオプションと呼んでいる。

レッグホル2014-01-05 (34)

レッグホル2014-01-05 (35)

 タバコポーチや携帯ポーチ以外にもメガネケースやボトルホルダーがある。 それとバック部の180度反対側に取り付けるポーチを2個固定できるベースパッドもある。

レッグホル2014-01-05 (18)

 ネクサス7と大きさを比べるとかなりコンパクトだ。

レッグホル2014-01-05 (33)

 Standerdタイプは少し小ぶりでタブレットPCを入れることは無理だった。

レッグホル2014-01-05 (36)

 こちらは太ももベルトが1本になります。 デザインの違いは太ももベルトの本数で見た目が小さくなります。

 自分が所有してるモデルは古いモデルで現行品はバージョンアップされているようです。 この製品は手作り品で自分好みのデザインにオーダーする事が出来るようです。 HawglegHolster意外にトートバック等のオリジナルデザインの製品がラインナップされています。 体に装着した写真等もあるので興味のある方は下記のURLを参照して下さい。

http://www.crows.jp/



関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)