△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

約5ヶ月間のピーコックガジョンさん飼育を振返ってみて思う事(追記あり)

ガジョン 2013-09-10 (1)

 ピーコックガジョンさん♂を☆にしてから暫く色々な所を検索して情報を集めていました。 ですが真新しい情報を得る事は出来ませんでした。 飼育してる方はそこそこ多いと思えるのですが細かい観察をしてる方が少ないのが現状でした。
http://ogaogagaooo.blog.fc2.com/
 雑誌や専門誌から得られる情報もあっさりしたもので導入への敷居の低さを謳った物が多いように思えます。 自分で飼育していて書かれている事と随分様子が違うのな~と言った感想をもっています。

 これからピーコックガジョンさんを飼育する方の参考になればと思い、自分が感じた事を書いてみます。 過去に「ピーコックガジョンさんを☆にして感じた事」を書いていますがその記事に追加する内容になります。 (自分は成熟した2ペアを導入したのでショップさんで購入可能な体調3cm未満の幼魚と比べると若干飼育の印象が違うと思うのですがそれを踏まえて書きます)

ガジョン 2013-09-27 (00)

 まず、ワイルド採取固体とブリード物では人に慣れる度合いが違うようで、ワイルド固体は餌を強請りに水槽前面に出てくる事は無い様に思います。 たえず物陰に隠れているような感じで活発に水槽内を泳ぎ回る魚ではないかな・・・ ブリード物は水槽前面に出てきて餌を強請るのをショップさんで確認しています。 

 購入時に、ワイルド採取ものか、ブリード物かを確認してから購入する方が無難んで、体調3cm程の幼魚を購入する事をお勧めします。 体調3cm程の固体ならほとんどがブリード物と考えます。

 他の魚だとワイルド物の方が体色が綺麗で見栄えが良いと言われていますがピーコックガジョンさんに関してはワイルドもブリードもそれほど違いが無いように思えます。 

 繁殖を考慮せず鑑賞目的で飼育するならペアで飼育する必要はなく、1匹で飼育した方が良いと思います。 ペアで飼育した場合は♂は短命に終わると考えています。 繁殖を視野に入れた飼育の場合、♂♀は別々の水槽で飼育して繁殖は別の水槽で行うことを薦めます。 同じ水槽で飼育した場合、毎週産卵が行われ下手すると♂が絶食状態をキープしてしまう可能性が・・・ ♂が短命にならないように雌雄を離して飼育するのが一番賢い方法だと考えています。


 産卵は比較的簡単に生むと思うのですが、孵化した稚魚の育成には苦労すると思います。 飼育書では孵化後すぐにブラインシュリンプを食べると書いてありますが、たぶんそれは嘘で、稚魚は口が小さくブラインシュリンプを捕食する事は無理だと・・・ ブラインシュリンプより小さなワーム系の生餌か、インフゾリアが必要かも・・・ 稚魚飼育には失敗しているので「これだと!!!」と思う育成方法を確立できていません。 これは次回の宿題になるかな・・・


 これからピーコックガジョンさんを飼育する方は体調3cm程の幼魚を購入して育てた方が長く付き合えると思います。 ですが雌雄の判別は出来ないと思うので繁殖を考えると辛い所です。 幼魚の複数飼育で水槽を賑やかにするのも良いと思います。 ですが成熟した時を考えるとお勧め出来ないような・・・

 あとこの雑記鴨と相互リンクをしているogaさん「ミドリフグから始まる熱帯魚生活」がピーコックガジョンさんの繁殖に成功しているので記事にしてくれればと・・・(笑)





追記(2/27 昼) ピーコックガジョンさん♂を同じ理由で☆にしてしまった反省

 結果から見ると自分に傲りがあったのだと反省しています。 最初の♂は生態を知らずに☆にしてしまいました、2匹目の♂は最初の1匹目の反省の元に飼育をしたかったのですが「最初の♂はレアケースで滅多にない事故に近いものと・・・」と無理やり考えてしまい、繁殖を強行していました。 実際2匹目を落とすまで順調に行ってると思い込んでいました。

 でも仮説とはいえ同じケースで☆にする危険性は予期出来ていた(可能性があった)ので興味本位で見殺しにしたような結末にかなり落ち込みました。

 飼育の先に繁殖があると考えて生き物を飼育している身としては、種親を落とすのと孵化した稚魚を落とすのでは同じ命でも意味が違い、種親を落とすことは自分で気に入った個体の命を紡ぐ事が出来なかった事と、失敗した原因を突き止め、再チャレンジする可能性も一時的に無くしたことになるので心苦しいです。


 今回の事は我が家だけの事かも知れませんが繁殖の末に♂が☆になる可能性は捨て切れません。 今のところ、新たな♂を導入して繁殖にチャレンジという気になれず凹んでいます。 今年の夏のアクアリウムバスでピーコックガジョンさんを入手できればリベンジしたいな・・・ 水槽が空いていれば・・・  


関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






お久しぶりです。

2.3日前ですがガジョンの個体がいるショップがありましたので報告をと思いましてコメントしました。

寿太郎さんがガジョンを買ったのは綾瀬周辺?みたいなので神奈川在住かと勝手に思ってますが、神奈川県伊勢原市の「かねだい」にてオスとメスが一匹づついい個体のが、しかも産卵して雄が卵を守ってるようでした。
もしお近くに在住でしたらショップを覗いてみてください。

あと、お節介かもしれませんが、手に入りにくいようであれば私からお譲りもできますよ^ ^
[ 2014/03/12 01:06 ] [ 編集 ]
いらっしゃいませ~>ogaさん

 情報とブログでの発信ありがとうございます。 今後の記事も期待しています。 繁殖系の記事は人事ですが読んでいてワクワク感で楽しくなります。

 自分にはピーコックガジョンさんの飼育はまだ早かったと感じています。 落とした事の禊が済んでいないでもう少し時間が必要と言うか、自重しないと駄目な感じです。 うまく育てる自信が出来て入手する機会が少なければogaさんにお願いするかもです。 入手先の可能性があるのは嬉しく重います。 ありがとうございます。
[ 2014/03/12 22:23 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)