△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

まさしさんへの私信

http://pxyg.blog50.fc2.com/blog-entry-1832.html
上記のURLにコメントしてくれた まさしさんへの私信になります。
コメントとして返事を書こうと思いましたが、コメント欄に書き込むとNGワードに引っかかり書き込めなかったのでこのような形で返信しました。(何がNGワードとして引っかかるのか分からない・・・)



返事が遅くなり申し訳ないです。
悩ましい問題ですよね。 まず最初に結論からお話します。 自分の検証できた範囲での返答になりますが、症状を改善させる等の方法を何度も考え試しましたが改善した事がありません。

 我が家でこの症状が出始めたのはF1世代からで、特にイトメを与えると発症する事が多かったです。 イトメに原因があると考え、イトメを与えることを止めました、ですが次々と発症するようになり、エロモナス菌等に因る感染症の病気だと思うようになりました。 現在発売されている魚用の薬を試しましたが症状が改善する前にアベニーさん達が薬負けして☆になりました。 薬の濃度を薄めても結果は同じでた。(まさしさんが気にしておられた「ある事」とはイトメを与えない事です)

 この顎下の発疹は見た目は同じでも幾つかの違いがある症例を確認しています。
1.口内に出来る肉腫
2、鰓の左右の鰓弓を繋ぐ部位の炎症肥大
3、膨張嚢の不良

まず
1 ですがこれは必ずしも赤く発疹する事はなく、魚の正面から見ると口内の額関節の付近にできます。 この肉腫が発達すると顎を閉じる事ができず、食物を摂取出来ずに衰弱していきます。

2 これが本命でこの症状が多いです。 これも赤く炎症した部位が肥大化して食道を圧迫し食物を摂取出来ずに衰弱していきます。

3 これは少しちがい本来、閉じてる膨張嚢に食べ物が入ってしまったりガスが溜まってる事も・・・、膨張嚢の弁が開放できなくて膨れる場合があります。 色が赤くなるのは食べた餌の色に影響します。 見た目は人間にも出来る水疱のような感じに似ています。 この症状は改善される事もあるのですが、暫くすると転覆したりするので注意が必要

1.2は何らかの細菌性の悪さだと考えています。 3は身体的な問題だと・・・
細菌等ならば薬でなんとかなると思いますが、アベニーさんは薬に対する耐性が弱く、薬浴中は餌を与えられないので(ほとんど食べない)症状が改善する前に薬負けする事がほとんどです。 自分のイメージでは薬浴=死です。 あと塩水浴もNGだと考えています。

1.2の場合治療しなくても半年から一年は生存する事が多く、薬浴で飼い主がトドメを指すより長生きします。 発症した個体から他の魚に感染するかという問題ですが、自分の感覚では感染は無いと思います。 これは発病アベニー5匹を健康なアベニー30匹と同じ水槽に飼育しても全てのアベニーが感染した事がないからです。(発病しても2匹程増えた程度)

 発病する原因ですがたぶん、水質の悪化から良くない菌が発生するのが問題だと考えています。 アベニーさんはかなり我慢強い方で水質悪化に耐性がありますがある日突然☆なる事が多く 水質の維持を心がけるとこの赤い発疹の発生も抑える事が出来ると考えています。 発疹が出来るかは個体の耐性差かなと・・・

 我が家で発病したのは近親交配した固体が主で(仔同士の掛け合わせ、品種改良等に用いる戻し交配等はして事がありません。)ですが遺伝的に発生する症状だと考えていません。

 赤い発疹は孵化後2週間で現れた事もありますが、これは水質管理の問題だったと考えています。(我が家では少ない水量で稚魚を飼育するので水質悪化は日常茶飯事) 現状では発症した個体は完治させる事は出来ていませんが発症させない対策は可能かと思います。 ひたすら水換えしかないのですが・・・

 上記のような事から、現在は薬等を使った治療はおこなっていません。 発症したらそのまま何もしないで見守るだけにしています。 お役に立てる返答でない事をお詫びします。 
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






丁寧な返事をいただいたにも関わらず、お礼のコメントが遅くなってしまい申し訳ありません

我が家でも、この症状が発症するのはF1世代からだったので、何らかの奇形かとも疑ったこともありました
というのも、ショップなどで販売されいる個体、店で長く売れ残っている個体などにはこの症状が発症しているものを全くといっていいほど見かけなかったり、
PXYG(寿太郎)さんのおっしゃるとおり水槽内に発症した個体がいても、その症状はほとんどほかの個体にはうつらないからです

私自身はこの病気に関して深く原因追究をしたたことはなく、最近では私も発症してしまった個体には申し訳ないですがそのまま症状がゆっくりと進行していくのをみることしかできません
いつか明確な治療法が確立されて、可哀想なアベニーたちを治してあげれればいいのですが、、、
いろいろと詳しい情報を教えていただき、ありがとうございます
[ 2014/05/28 02:59 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)