△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

ブルーレオパード・タティアちゃんの既出情報+観察して得られた事

タティア 2014-09-06 (24)

 我が家にお迎えしたブルーレオパード・タティアちゃん物語を続ける前に、タティアちゃんの既出情報を書きたいと思います。
 
 ブルーレオパード・タティアちゃんは6cm程の体長で比較的♀の方が大きいように思えます。

 生息域はペルーやエクアドルのアマゾン側水系を中心に比較的に流れのある大きな河川や小川の沿岸部の礫や砂泥地帯に生息してるようです。

 流通名はブルーレオパード・タティアで、通販をしてるショップさんではゴールデンレオパード・タティアとしても売られているようです。 名前の由来のブルーってどこら辺がブルーなのか?

 我が家の個体達は黄色い色が強調されていています。 しかし横腹の白い部分からレオパード模様(豹柄)に切り替わる境界付近に青みが強くでてる個体がいます。  写真を撮影してもうまくその青さが撮れませんでした。 ネットで探して見るとそれらしい写真を発見! planetcatfish.com  この写真を見ると別な魚に見える(笑) だから流通名に「ゴールデンレオパード・タティア」と書くのは正解かな・・・

 このタティアちゃんはグッピーと同じ繁殖行動をします。 でもグッピーは仔を生みますが、タティアちゃんは♀の腹の中で卵が受精し、♀は卵を流木等に産み付けます。 雌雄の判別は尻鰭を見れば判別が付きます。 ですがタティアちゃんはほとんど床材の上に降りているので尻鰭を見る事が難しいです(笑)

タティア 2014-09-06 (10)

 上の写真は♂の尻鰭です。 グッピーのゴノポディウムと似た形をしています。

タティア 2014-09-06 (4)

 上の写真は♀の尻鰭になります。 写真を見比べれば雌雄の違いは判断出来ると思います。

タティア 2014-09-06 (14)

 タティアちゃんはナマズの仲間なので口の両端に細く長い髭があります。 普段はその髭を体に密着させていて、ボディーにはその髭が収まる溝があります。 →で示した部分に凹みがあります。

 
 タティアちゃんは夜行性で日の出ている時間帯はほとんど流木の影や素焼き土管の中で寝ています。 寝相はかなり悪く、人で言うなら、仰向けで寝てる事もあり☆になったか?と驚かせる事も(笑) 夜間は水面近くを流れに逆らって泳ぐ事が多く、マツモ神に行く手を阻まれて苦労してる所を何度もみました。

 タティアちゃんの目は大きくて視力が良さそうに見えますが、殆ど目は見えてないように思えます。 目は明るさを感じる為の器官なのかも? そう思うのは餌を与えた時に感じます。 餌を目視で探してる感じではなく。 匂いで探してるように思えます。 髭に触れた餌はうまく機用に食べますが目の前にあっても餌を認識出来ないこともしばしば(笑) 

 物凄い大食漢で冷凍アカムシをまとめて5~6本一度に咥えて飲み込む事も・・・ 兎に角お腹いっぱいになるまで食べます。 4匹いますが、冷凍アカムシ1ブロックでは足りない事も・・・  お迎えして二日間は昼に餌を与えても食べに動く事もなかったのですが、最近は冷凍アカムシを入れると飛び起きて水面近くにあがってきます。

 我が家のタティアちゃんは冷凍アカムシ以外は食べてくれません、餌の匂いを覚えてくれれば人口飼料も食べてくれるように感じます。  我が家では1種1水槽が基本なので他の魚と混泳させる事はないですが、餌を食べるペースに個体差があるので混泳させる場合、餌をしっかり食べれる環境を考えないとガリガリに痩せてしまうかも・・・

 ちょっとある事で2匹をサテライトMで隔離したのですが、狭いプラケース内だと運動量が足りないのか餌の消化が遅く、一晩経ってもお腹がパンパンに膨らんでる事も・・・ 狭いケースに隔離しなければ一晩でお腹はペッちゃんこになります。 兎に角、夜間は運動量が多いので混泳させる魚の安眠を妨害する事は決定的です(笑)  混泳させる魚は少し大きめのでないと捕食してしまうかも・・・ 我が家ではミナミヌマエビが犠牲に・・・・

 飼育環境は水温が24度~27度で弱酸性から中世の範囲で大丈夫のようです。 一匹あたりのテリトリーは背びれを中心に半径6cm程で目の前の前方にしか警戒しませんから隠れ家の土管を横に並べても大丈夫です。 土管の前にいるとモソモソと土管から出てきて噛んだりして威嚇しますが同種間での争いは少ないように感じます。

 隠れ家になる土管のサイズですがかなりタイトなサイズに入りたがるので食べ過ぎると入れなくてパニックになってる姿を何度かみました。 一度決めた巣(土管)に必ず戻るので、レイアウトは極力壊さないよう注意した方が良いです。 土管以外に水草の茂みに突っ込んだ状態で寝てる事もあるので観察するには適当なサイズの土管を数個投入すると良いと思います。 我が家では土管の内径が15mm程が人気のようだ(笑)

 アベニーさん等のフグ達のような懐っこさは無いですが意外と見飽きない可愛い魚と思います。 入手出来る機会があればフグ好きの方は飼育してみると良いと思います。
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






こんばんは♪
ブルーレオパードタティアちゃん!可愛いですね。

初めて見ました。
ころっとした体型が、フグのようなウーパールーパーのような…模様も
可愛いです。

ミナミさんは残念でしたね…(´Д` )

寿さんが、種類名の後に「さん」や「ちゃん」と付けて呼ばれるのが、私の中で以前から結構ツボなんです〜(笑)

ショップに行く時は、ブルーレオパードタティアちゃん、意識して探してみたいと思います♪

そういえば先日、初めて石と泉さんも行ってきました♪素敵なお店でした(^_^)

今日、ようやくアベニーのお顔の傷治療記事書きました。寿さんからしたら、あまり大した内容ではないと思うので期待はしないでいただいて…良かったら覗きにいらしてください。
[ 2014/10/17 00:35 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは♪
いらっしゃいませ~hitomiさん 返信が遅くなりごめんなさい。
仕事が忙しくお返事できませんでした。

> ころっとした体型が、フグのようなウーパールーパーのような…模様も
ミドリフグに似てるんですよ(笑) 他にホルスタイン・タティアって仔もいてそれは牛のような模様で見方を変えるとシャチのような(笑)

> 寿さんが、種類名の後に「さん」や「ちゃん」と付けて呼ばれるのが、私の中で以前から結構ツボなんです〜(笑)
これは他の飼育者さんように名前をつけてあげたいのでが、飼育した数が異様に多いので、(現状でもアベニーさんは100匹程いますので・・・)名前をつけていると名前が浮かばなくなるんで名前ではなく「さん」や「ちゃん」を使っています。

> ショップに行く時は、ブルーレオパードタティアちゃん、意識して探してみたいと思います♪
横浜の某ショップさんに数匹残っていますよ。 興味があればTwitterでお答えします。

> そういえば先日、初めて石と泉さんも行ってきました♪素敵なお店でした(^_^)
フグの聖地に行ってきたんですね。 狭いけど珍しい魚がいて入荷案内で良いのがあれば出向きたいと思うショップさんでしよね。

> 今日、ようやくアベニーのお顔の傷治療記事書きました。寿さんからしたら、あまり大した内容ではないと思うので期待はしないでいただいて…良かったら覗きにいらしてください。
遊びにいきます。 

また遊びに来て下さい。
[ 2014/10/23 06:24 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)