△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

衝動買いの尽き・・・ ブルーレオパード・タティアちゃん導入記3

タティア 2014-09-06 (8)

 ルンルン気分で帰り、レッドテールアカメフグさんを飼育していた時に使用していた60cmLwo水槽にタティアちゃんを袋ごと入れて水温合わせを開始・・・ この水槽は何時でも新たな魚を導入出来るようにとミナミヌマエビ10匹を入れて回していた物です。

 袋に入った状態ではタティアちゃんの様子が分かりにくいので、水槽にサテライトMを2個設置して水合わせを開始・・・  水合わせをしながら病気を持っていないかチェックした。 導入時に白点病になりやすいと教えて貰ったので入念に調べるがそれらしい症状を見つける事が出来なかったので安心した。 しかしお迎えした仔は1匹を除き全てがガリガリ君状態だった・・・

 お店では痩せている事まで気が回らず雌雄の判別に注意していたので盲点だった・・・  痩せた状態とはアベニーさんを飼育してる方なら判ると思いますが、白いお腹部分が抉れるように痩せ、上から見て尾筒部分がペッタンコ状態に・・・ この事で若い個体達でもちょっと生存させる自信が崩れていきました・・・ それ以外に致命的な事に気がついた・・・

タティア 2014-09-06 (25)

 唯一の♂の右目がスモールアイだった・・・Orz なんだかな・・・ 選択肢が無かったので仕方がない・・・・ 気分を入れ替え導入時に餌は与えずそんまま消灯した。

 一晩経ち、白点病になっていないか水槽からサテライトに1匹づつ隔離して調べるとそれらしい症状は発見出来ず・・・ でまた新たな発見が・・・・ 昨晩抉れるように凹んでいたお腹がふっくらした感じに・・・・ 全ての個体達がふっくらしている・・・ 餌を与えていないのに何故だ?  

 ふっくらした理由は直ぐに理解出来た・・・ パイロット代わりに入れていたミナミヌマエビが捕食されていた・・・ 水槽内には約2cm~3cm大の大きさのミナミさんがいたが、3cm程の2匹以外食べられてしまった・・・ 温和な魚と聞いていたにちょっとショックである・・・  混泳させる場合はタンクメイトはシビアに選ばないと駄目かな・・・


 
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)