△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR


アクバスでの戦利品 1 BICOM Bafi Support

Bafi Support 2014-12-28 (2)

 アクバスの戦利品1の紹介・・・ バクテリア販売のバイコムさんでリングろ過材を一袋詰め放題(¥800)が行われていたのでチャレンジしてみました。 製品名は「Bafi Support」と言います。

Bafi Support 2014-12-28 (3)

 写真一番上の右側に写る袋詰めが正規の量で左側のカップ一杯分をオマケしてくれました。 総量だと1.3リットル程の量になりそうです。  この製品は主材料がポリプロピレンなので物凄く軽いです。
 

バイコムさんのHPから引用

 Bafi Supportは、リング状発泡ろ過材がろ過槽内に分散流を作ることで十分な酸素供給が可能となり、バクテリアの活性を高めます。また、分散流がヘドロなどの蓄積を防止します。Bafi Supportは、1g当たり0.16㎡以上の比表面積を有する多孔質ろ過材です。

Bafi Support 2014-12-28 (4)

 軽量な材質の為にろ過機にセットすると浮いてしまうかと思いましたが、水分を含むとしっかり沈んでくれます。 強度は指で摘んで力を加えると砕けてしまいますが、1m程の高さから硬い床に落としても弾んで壊れるような事はありませんでした。 他のリング材と同じ使用及び洗浄方法なら破損等は心配しなくても良いと思います。 

Bafi Support 2014-12-28 (5)

 製造方法の理由から導入開始から2ヶ月程は水質がアルカリに傾くけど問題は無いと教えて頂きました。 

Bafi Support 2014-12-28 (12)

 肉眼で見ると表面がざらついたパイプ状の物ですが、拡大すると多孔質の製品だとわかりました。(Olympus STYLUS TG-3の顕微鏡モード+LEDライトガイド LG-1を装着して撮影、カメラを固定して被写体深度モードを使えば全体的にピントが合ったと反省・・・)

 現在この製品は流通が止まってるそうで、今年リニューアルして再発売されるとの事です。

 この手のリングろ過材は外部ろ過機にセットして運用するのですが、上部ろ過機のろ過材に転用する方もいると思います。 その場合、素材が軽量と言うのは魅力ですね。(笑)

 昔、海水魚水槽の上部ろ過機ないに大磯砂利を敷き詰めて使用していた物を見たことがありますが、重さで中央部が反ってしまい惨事が起きそうな予感たっぷりでした。 一般的なリングろ過材を使用してもそこまで重くなる事はありませんが、軽いことに越したことはないかな・・・  自分でも何時使用するか分かりませんが使用したらインプレ書きたいと尾見ます。





 独り言、 アクバスさんのツイートを見ていると今現在も終わったイベントの告知をしてるのがなんともです。 いいかげんボットを止めてみてはどうかと思うのですが(笑)
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)