△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

libraさんから頂いたコメントの返答

アカヒレ2009年12月24日- (4)

 野外飼育をすればアカヒレさんは美しい発色をするのか?の件ですが、一口に言って野外飼育だから綺麗に育つとは言い難いと思います。 日光の当たる環境で自然に摂取できる餌があれば何とかなるのかな・・・

ろんぐあかひれ2010年1月25日 (10) 0441

 以前youtubeに投稿していた頃、外人さんからメッセを貰ったのですが、日当たりが良く、池等の底まで光が届く環境でプランクトンを摂取できるようにすれば綺麗になると言われました。 確かに池を覗くと背が黒く時折ギラギラしたメタリックな横腹が日光を反射して輝く姿に魅了されました。

アカヒレ 2012-08-04 (7)

 池以外に会社には深さが90cm程の水かめがあるのですが、慈姑が植わっていて水面を浮き草が覆っている環境で育ったアカヒレさんは其れほど綺麗な発色をしていませんでした。 日光の光が届かない、届きにくい環境では野外飼育してもくすんだ発色にしかならないと・・・ でも日光が当たる環境に移してやれば輝きを取り戻しました。 池又は鉢で飼育する場合、水面の30%は日陰になる等の工夫は必要だと思います。浮き草を入れる等で対処して下さい。 100%影が出来ない状況だと魚も落ち着かないと考えます。

 でも池や水かめだと横から魚を見る事が出来ないのでちょっと残念ですが綺麗に育てると言うことなら野外飼育もありかと思います。 餌についてですが、人工飼料を与えるとすぐにメタボ気味になるので自然に発生するプランクトンで賄えればOKです。 1週間に一度か二度人工飼料を当たるのがベストなのかな?

 libraさんの疑問に答えることが出来たか怪しいですが、これを返答とさせて下さい。 何事もチャンレンジすることで自分にあった飼育メソッドが生まれると思います。 再チャレンジ頑張ってくださいね。



関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿






こんなに詳しい記事にしていただきありがとうございます。
適度な日光と、自然に湧くプランクトン程度のえさが必要なのですね。
まずは水槽から初めて良い飼育水を作れるように努力します。
ところで夏場の水温はどれぐらいまでなら外にならないですか?
比較的高温には強いと聞いたのですが。
[ 2015/03/05 00:45 ] [ 編集 ]
外になるは害になるの間違いです、すみません
[ 2015/03/05 00:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
いらっしゃいませ~>libraさん
水温の件ですが書き漏らしてしまい申し訳ないです。
30℃を超えないように注意が必要です。 アカヒレさんは酸欠に強いと考えていますが、浅い鉢等を使った場合水温が上がると溶存酸素量が少なくなるのでエアレーション等で水面を揺らして溶存酸素量を増やしてやる必要があります。 あと日光が必要と考えますが、お昼過ぎには日陰になるような場所に鉢等を設置できれば良いのではと考えます。 綺麗で丈夫に育つとよいですね。 また遊びに来て下さい。
[ 2015/03/05 05:12 ] [ 編集 ]

トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)