△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR


マルチライブモニター(XE-M1BT)

マルチライブモニター(XE-M1BT) (3)

 去年、makuake.comでJVCケンウッドさんが募集していたイヤフォンが二月の初旬に到着し、約一か月程慣らしをしていてやっと音が落ち着いてきたのでインプレッションなど書いてみる。 

 関連過去記事 JVCケンウッドさんが募集(クラウドファンディング)してるイヤフォンに応募してみた。

マルチライブモニター(XE-M1BT) (1)

 しっかりとしたパッケージの外箱で梱包されていたのが意外だった(笑) 
 自分の感覚では製品試作の最終プロトタイプって位置づけの製品でお試しモデルと考えていたので外箱が普通の製品と遜色ない・・・

マルチライブモニター(XE-M1BT) (2)

 化粧っ気の無い白箱に入ってくるものだと考えていたのでので期待を裏切られた感じです(笑)  内箱も帯も立派な作りで過剰だと思える仕様にちょっと戸惑う・・・ 

detail_1956_1467973851.jpg

 この製品は3色のバリエーション展開がされていて、三色の合計出荷数は1550台ほど、一番少ないのが黒モデル(300個未満)で次に青モデル(620台未満)、茶色モデル(630台未満)になる・・・  大勢の転売目的で応募した方達のお陰で製品化出来たと言っても過言ではないと・・・(感謝感謝)

マルチライブモニター(XE-M1BT) (5)

マルチライブモニター(XE-M1BT) (12)

 少し大きめで使いにくいキャリングケースと充電用のUSBケーブル、イヤピースが付属する・・・

マルチライブモニター(XE-M1BT) (4)

 JVCの刻印がされてるミキシングBOXとイヤホンをつなげるケーブルは柔らかく取り回しが良い良いように思えるが、ミキシングBOXのケーブル取り付け部の位置関係が微妙で付属のケースに入れるのがちょっと辛い・・・ ケーブルが折れそうで怖いよ。

マルチライブモニター(XE-M1BT) (15)

 そんなこんなで現在はダイソーさんで見つけたイヤホンケースにて運用中(笑)

マルチライブモニター(XE-M1BT) (8)

 ミキシングBOXのSUB充電ポート周りのデザインも微妙に使い勝手が悪く、蓋の開口範囲が狭くてUSBケーブルを差し込む時に凄く邪魔になる・・・

マルチライブモニター(XE-M1BT) (11)

 イヤホンのハウジンは予想以上に厚みがあり、音導管が短い為にイヤピースはシビアに選ぶ必要があった。 暫定的にコンプライ400番シリーズで様子見中(写真のイヤピースは付属の物)

マルチライブモニター(XE-M1BT) (14)

 ハウジング本体の色はタバコサンバースト調の色合いで可もなく不可も無くって感じです。 (プリントのアクリル仕上げっぽい感じで光沢感あり) 個人的には3Tサンバーストかチャリーサンバーストが良かったなと・・・




 肝心の音質ですが音の分離が良くフラットな特性で少しモニターライクなイヤホンって感じに思えます。 Apple iPod Touch (第6世代) で運用してるのですが、使用する再生アプリでも印象は変わると思います。 再生アプリのubioのイコライザーを少し高音よりに弄るとフィリップス SHE9720ぽい音になります。

 ubioはiOS版有料アプリ(¥600)ですが、アンドロイド用の物もありGoogle Playから購入できます。  体験版等はありませんがubioのアプリを体感出来るデモページがあります。 
http://www.ubio.jp/#/Demo


 
 ここから辛口の批評がはじまります。

detail_1956_1468219598.jpg 

 首の後ろにミキシングBOXを置くような感じで装着するのですが、頭を上下(顎を下に向けてスマフォ等を見たりしたあと目線を上にあげる(顎を上げる)とミキシングBOXが首にひっかかり耳に掛けたケーブルを弛ませ耳穴に装着したハウジングが動いてしまいます。(場合によってはっ耳に掛けたケーブルが外れてしまう事も・・・そうするとハウジングの装着感が変わるため聞いてる音の低音が抜けてしまう・・・ この製品の売りである外音取り込み機構にも影響がでます。 社外品のイヤフック等と併用しないとダメな感じだと・・・ 

 Bluetoothの接続も不安定で襟の硬い服だと襟にミキシングBOX隠れてしまうとプチプチと接続が切れます。 プレーヤー本体とイヤホンの接続が瞬間的に切れても音声は復帰するのですが、ミキシングBOXの制御関連の接続は復帰せず、外音取り込み機構がキャンセルさせる事も・・・

 微妙なのが、この製品での売りである外音取り込み機構・・・ Bluetoothの接続が切れずに繋がっていればソコソコの機能で効果的だとおもいますが接続が不安定なので一度切れてしまうと「あれ? 外音が聞こえにくいぞ?」って事に・・・ 外音取り込み用のマイク感度も制御アプリのイコライザーを使うと変わってくるので今一つって感じかな・・・   制御アプリがバージョンアップするとまた何か変わるかも・・・ 製品のコンセプトは面白いのですが、制御アプリが残念です。

 おまけでついたノイズキャンセルモードもソコソコの精度だとおもいますが、他社の製品と比べると劣る感じもします。

 一般の製品のように視聴できる環境があって試す事が出来ていれば購入しなかったかも・・・ 個人的には微妙な製品かな・・・

 首元がスッキルする季節が来るまで一時使用中止、その間の一か月程、友人に貸し出す予定
 


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ



Date: 2017/03/12 Time: 03:36
Title: マルチライブモニター(XE-M1BT)
Category: ツール - 音響機器
タグ未指定


Response: Trackbacks (0) / Comments (0)






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)