△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

audio-technica AT-HA35i 改造記 2/6

AT-HA35i (51)
 
 AT-HA35i入手後から一週間、仕事中にイヤホンで使用してこの機種の音の傾向を分析していた。  これはネット上で拾い集めた情報から自分と同じ印象を持った方の記事を参考にする為だった。 

 音の好みは千差万別で人により印象が変わり、同じ機材から出る音でもかなり意見が分かれる・・・ その為自分と同じ印象を持った方の情報はかなり参考になるので改造前に得られるだけ情報を集めていた。

 まず最初に中身の確認をすることにした。 手持ちの部品でオペアンプの交換は出来るので可能なら出来ることはしてしまう事に・・・

AT-HA35i (14v)

 背面、青○で囲んだビス3本を外し

AT-HA35i (19)

 フロントパネルの固定ネジ4本で分解できる。

AT-HA35i (20)

 フロントパネルをスライドさせてケースから引き抜く事が出来る。

AT-HA35i (21)

 事前に調べた情報通り基板は2階建てだ。 狭い場所にギッシリ部品が詰まってる(笑) 一階部はヘッドホンアンプの部品と電源関連の部品が取り付けてあり、2階部はDAコンバーター等の部品が詰まってる。 今回は一階部のヘッドホンアンプ部のオペアンプの換装を行う・・・ ※この写真はオペアンプ交換後の写真になります

AT-HA35i (11)

 基盤中央の部品配置を見ると、左右のチャンネンル毎に左右対称に部品が並んでいる。 赤○で囲った部品が今回交換する予定のオペアンプ

AT-HA35i (10)

 内蔵オペアンプが メーカ名刻印無し、メーカ不明4558D この4558の型番は製造するメーカーさんにより音が変わりますが
だいたい当たりの柔らかい音がします。 逆に言えばモッサリした音で分解能としては個人的に不満が残る製品です。

AT-HA35i (24)

 基板の裏側から半田ごてでオペアンプの足の半田を外しICソケットに交換します。 一層目の基板は裏目に配線パターンが集まってる物なので比較的に簡単に部品を取り外す事が可能でした。

AT-HA35i bv (1)


 新たに取り付けた部品は Texas Instruments (TI) (Burr Brown (BB) 製の [OPA2604AP] これは「ポータブルアンプ AUGLAR GR-1」から取り外した部品で再利用した。

AT-HA35i (22)


 交換後の視聴では明らかな劇的な変化とは言わないが、[OPA2604AP]の特徴がよく出ている・・・ 自分の求める音に近づいている・・・ 

 この AT-HA35iは現在は生産終了品でバージョンアップ品や上位互換製品は販売されていない。 2010年の新製品販売時の定価は5万円程の製品で中級クラスのCDプレーヤーぐらいの位置づけの製品になるようだ。 中古とは言え、4千円程で入手出来たのはラッキーだった。 しかし、付属品のカードリモコン欠品した物を購入したので、備品の揃った製品を予備にもう一台欲しいくらいだ。

 現状ではスピーカーで聞くための機材が無い・・・  友人にアンプとスピーカーを借りる事になっている・・・
 
 続く・・・

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ



Date: 2017/06/21 Time: 02:49
Title: audio-technica AT-HA35i 改造記 2/6
Category: ツール - 音響機器
Tags: AT-HA35i

Response: Trackbacks (0) / Comments (0)






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)