△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

audio-technica AT-HA35i 改造記 3/6

AT-HA35i mn (8)

 二月の中旬、友人からアンプとスピーカーを借りてきた。

AT-HA35i bv (9)

 基盤剥き出しの組み立てキットのアンプ「Bit Trade One製 AD00026 電流帰還アンプ」とフォステックスのP800Kスピーカーユニットを組み込んだスピーカーボックスを期間限定で貸してもらえた。

AT-HA35i bv (2)

 あとオペアンプのストックもかして貰えた。

 スピーカーから音出ししてみるとソコソコの音を出してくれる。 オペアンプを交換しながら音を聞いていたのですが、イヤホンだとオペアンプを交換すると音の変化を感じられるのにスピーカーからの音に変化ない・・・

 ネットで調べると一階層のオペアンプはヘッドフォン用の出力に対応していて、ラインアウトには影響がないと判明・・・(泣)

AT-HA35i (8ff)

 ラインアウトに影響するのは2階層の基盤に実装されてる(青○) 周りにチップ抵抗が取り付けてあるので手軽に手を出せない・・・ オペアンプ交換以外に出来る改良を加える事にした。

AT-HA35i (26)
 
 ネットで調べると電源関連に使われる電解コンデンサー等を音響用の物に交換すると音質の改善に繋がるらしい・・・  そこで基板に取り付けてあるコンデンサーの耐圧Vや静電容量をメモして日を改めて秋葉原に買い出しに・・・ 

AT-HA35i (29)

 慣れない買い物をしたので、間違えて買った物、サイズ的に装着が無理な物や買い忘れた物もあり一回の買い物で部品を揃える事が出来なかった。 手元にある部品をまず最初に組み込んでみた。  予想外だったのは、同じ仕様のコンデンサーも音響用になるとサイズが一回り大きくなり限られたスペースに押し込むので苦労した・・・

 恐る恐るアンプに繋いで音出ししてみる・・・・  音出しするまでに何度かハンダ付けを繰り返すと思ったが一発で音がでて一安心。 
 
 スピーカーから出る音は今までと違い曇りのないクリアーな音に変化してくれた。 苦労したかいがあった。 コンデンサーを変えるだけでこれだけ変化があると思わなかった。 ネットで調べた情報がなければここまでの音は得られなかったと思う・・・  先駆者さんに感謝感謝

 ここまで変われば、これ以上は必要ないと思ったが・・・

 続く


関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ



Date: 2017/06/25 Time: 13:04
Title: audio-technica AT-HA35i 改造記 3/6
Category: ツール - 音響機器
Tags: AT-HA35i

Response: Trackbacks (0) / Comments (0)






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)