△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

SOPシングルオペアンプ→‬DIPデュアルオペアンプ 変換基板の組み立て

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (1)

 前ページ(DIPシングルオペアンプ→DIPデュアルオペアンプ 変換基板の組み立て)の部品買い出し時に偶々寄ったお店に生産終了から1年程経つSOPシングルオペアンプを発見 3個程しか無かったので必要個数の在庫を確認してもらい、後日買いに行きました。

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (3)

 ナショセミ(TI)社製 LME49990を6個入手した。 オペアンプのレビューが書いてあるHP等を読むと評判が意外に良く、友人も持っていないので友人分も併せて購入した。

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (4)

 一片が10mmの変換基板の表裏の両面にテープで固定してハンダ付けしていく・・・ 

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (5)

 物が小さいのでデジカメで撮影して仕上がりを判断した。 綺麗に仕上がったと思う。

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (6)

 オペアンプの取り付けが終わり足のハンダ付けする時に不具合を発見。

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (7)

 足と足の隙間(黄色の→間)とオペアンプの幅(赤→)が違い取り付け出来ない・・・

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (8)

 足の余分なフレームをリューターで切削する事に・・・

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (10)

 仕上がりが汚い・・・

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (11)

 ギリギリ隙間にオペアンプを収める事に成功した。

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (12)

 AT-HA35iに取り付け視聴してみる。

デュアルオペアンプ 変換基板の組み立て (13)

 聞いた感じではネットの評判通り高域の音質や音の分離は満足出来る感じだ。 だけど低域はちょっと問題があるかな・・・
慣らしが終わるまで暫く我慢かな・・・  発熱や発信等の事もあるので一か月程はAT-HA35iにてエーシングだ。

 発熱問題がクリアー出来ればAUGLAR GR-1に取り付けたい。

 


 音響関連の話題はあと数話続きます。  次回はスピーカー編になります。
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)