△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR


AUGLAR GR-1のオペアンプの交換 パートⅡ

P7130056.jpg

 先日変換基板に組み込んだナショセミ(TI)社製LME49990をポタアンのAUGLAR GR-1に組み込んでみた。 今回は後段にLME49990を二枚取り付け、前段のオペアンプで全体的な音のバランスをとることにした。

P7130057.jpg

 LME49990は色付けが少ない中域から高域にかけて繊細な音を聴かせてくれるが低域は少し寂しい感じがする。

P7130061.jpg

 なので前段に低域の厚みのある新日本無線(JRC)製MUSES02を選んでみた。 MUSES02をICソケット付きで載せると蓋が閉まらない・・・ 蓋の裏側をリューターで削り取り組み込み完了した。

P7130059.jpg

 低音益しましイヤフォンだと低域が強調されて聞き疲れしてしまうが、手持ちのBA(バランスドアーマチュア)型のXBA-100で聞くと良い感じの音になった。 暫くはこの組み合わせで楽しむ事にする。





関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)