△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

Stereo編 ONTOMO MOOK「2013年版 スピーカー工作の基本&実例集」付録の製作

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (1)

 廃版で入手不可能と思っていたスピーカーユニットとそれを収める箱(エンクロージュア)の組み立てキットを手に入れる事が出来た。

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (21)

 Stereo編 ONTOMO MOOK「2013年版 スピーカー工作の基本&実例集」付録のダブルバスレフ・エンクロージュア・キットと「Stereo」2013年8月号付録スキャンスピーク製「5F/8422T03」口径:5cmフルレンジだ。



 入手しようとした切っ掛けは上記の動画を見た事だった。 現在友人から借りているフォステックスのP800Kスピーカーユニットと今回入手したスピーカーユニットと同じ物の音質比較動画で気が付くと長時聞き入ってしまうほどだった。 動画投稿者さんは自作の箱(エンクロージュア)に入れているので今回入手した箱では同じ音を出す事が出来ないが近付ける事は努力次第で可能かと・・・
2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (2)

 中身は裁断済のMDF材(中密度繊維板)と吸音材(スポンジ)とターミナルが付属する。

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (3)

 組み立て易い様にパネルはテープで位置決めされていて、簡単に組み立て出来そうだ。

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (4)

 切り出しや切断面がしっかりしてるので綺麗に箱組できそうだ。

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (5)

 まず最初に箱の中を仕切る中板に紙管を差し込む・・・ 凄くぴったりと取り付ける事が出来た。

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (6)

 木工ボンドを散布して指で伸ばして少し乾燥させる。 ボンド面を触れて粘つく程度になったら組み立て開始

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (7)

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (8)

 クランプと重しを使い接着材が乾くの一晩待つ・・・

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (12)

 接着材が乾燥してからある事に気が付く、箱の中を仕切る板がズレて固定されてしまい凸部分を紙やすりで削り整える事に・・・

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (15)

 前行程の仕切り板取り付け失敗の教訓が生かせずここでも失敗する。 前面板を接着するときに箱の四隅と前面板を綺麗に合わせたつもりでいたがクランプで圧着する時にズレてしまいまた乾燥後修正する事になる・・・ 今の手元にある道具では数が足りずあらたにクランプを買い足す事に・・・

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (16)

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (17)

 ターミナルに配線を取り付けハンダ付け・・・ 差し込むだけで固定されるが箱の乾燥が終わるまで暇だったのではんだ付けする事に・・・

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (19)

 説明書通りに吸音材を貼り付ける・・・

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (20)

 買い足したクランプを使い四隅を固定してから裏面板を接着固定した。 今回はズレる事無く綺麗に仕上がった。

2013年版 スピーカー工作の基本&実例集 (22)

 サイズ: W80×H170×D111mmの可愛い箱が出来上がった。 まだ接合面の面出しが出来ていないが最終的な仕上げ方法が決まらず今回はここまで・・・ 早く音を出したい欲求に襲られるがここは我慢(笑) 現在箱の表面にツキ板を張るかで思案中・・・

 箱作りのノウハウが全くなかったが道具があれば簡単に作れる、製作中凄く楽しく箱作りに目覚めてしまった感がある(笑)  この調子でもう一組のキットも直ぐに作り始めそうだ(笑)

 この商品は ontomovillage.shop で購入可能です。 ダブルバスレフスピーカー・キット (5cm スピーカーユニット付)販売価格3,500円(税込3,780円)
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)