△ ページ上部へ
HOME

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

楽器の衝動買い(笑)

SANCTUS T800m (2)

グラマラスな弦楽器(Jazz Bassのコピーモデル)を入手しました。 5年前に手持ちの機材を手放した時に二度と楽器は買う事はないと思っていたのですが、お気に入りの曲のベースラインを自分で弾いてみたくなり衝動買いした次第です。

 若い頃にバンドを組んでいたので色々なパートを担当してのですが、リズムとビートを担当する楽器は触った事が無く一度くらい真面目に取り組んでみても良いかな~と(笑)  お目当ての機材は国産の70年代後期から80年代に製作された物でリッケンバッカーの4001モデルのコピー品と考えていたのですが中々中古楽器店で目にすることが無く色々と探し回ったのですが断念・・・ (ヤフオク等なら出品があるのですが、手に触ってみないと良し悪しがわからないので通販系やオクは却下してました)  

 予算が3万円程度で一式揃える都合上色々と制約が・・・  ベース本体の前にアンプの品定めから仕切り直し・・・

 ベースアンプの中古市場の球数が少なく数件のリサイクルショップで20Wクラスのアンプをリストアップして帰る事に、リストアップしたアンプの殆どはノイズやボリュームポッドに問題があり手直しが必要になるので家に戻りリストアップしたアンプのサービスマニュアルをネットで探し入手出来た物から選びヤマハ製のF20B決定.・・・ 1400円買えましたよ、フェンダー・ベースマン・クラッシック20そっくりのコピーモデル(笑) 

 アンプを捜索してる時にちょっと変わったJazz Bassのコピーモデルを発見して気になってました。

SANCTUS T800m (3)

 CLIVEて韓国のSamick(サミック)というメーカのブランドでインドネシア製です。発売が2014年位の物だと判明・・・

SANCTUS T800m (5)

 コントロールパネルにポッドが5個とスイッチが2個載ってる・・・・ 

SANCTUS T800m (7)

 ボディバックを見ると電池ケースの蓋が・・・ これはアクティブピックアップ搭載モデルと判明・・・ コントロールパネルを見てもポッドが5個もあると言うことはプリアン搭載は確実・・・

SANCTUS T800m (6)

 ピックアップは聞いた事の無いメーカーのGarry snyder製・・・ 調べても情報が少なく分かるのはスペック程度・・・

 ネックの状態も良く、フレットも減りが全くない・・・ 一度も人の手に渡っていない可能性が・・・ 売れ残り品が中古市場に流れたのかな?

SANCTUS T800m (8)

 弦はボディ裏通しで、ブリッジエンドからも通せる仕様に・・・ 音出ししてみると普通のJazz Bassらしい音がします(笑) アクティブの方はソコソコ違いがある感じで音質的には問題ない・・・ でもこのベースの重量なのですが持ってみると凄く軽い・・・ ちょっと怪しいと思うくらい軽いのです。 でもプリアン内蔵って事もあるので手頃だったので16000円で購入・・・

 アクティブにしたのは練習ではアンプにヘッドホンを繋いで弾くのでノイズ対策では有利と考えた次第です。

SANCTUS T800m (9)

 電池ボックスの蓋を開けると想定外の9V直列の18V仕様(笑) どのメーカーのプリアンをコピーしたのかな?

 本体のセッティングの為、会社に戻り弦高調整等する予定でいましたが、先にアンプの問題を解決する事になり未だに練習等していません。 いつになれば練習できるかな? 

 ハルコさん似のベースを求めていたのに、澪ちゃんにのベースを入手するとは・・・

関連記事
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ



Date: 2017/09/11 Time: 12:48
Title: 楽器の衝動買い(笑)
Category: ツール - 音響機器
Tags: Jazz Bass

Response: Trackbacks (0) / Comments (0)






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)