△ ページ上部へ
HOME
FC2ブログ

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubetwitterTumblr ACR

Jazz Bassさんのノイズがやっぱり我慢が出来なかった。

SANCTUS T800m 2017-10-20 (1)

 頑張って弾ける状態までもっていったCLIVE SANCTUS T800M/TS 演奏上の問題は解決したけどヘッドホンでの練習ではノイズが気になりモヤモヤしていた。 金属パーツのクスミを磨く為にコントロールキャビティー内を覗いた時に発見した雑な仕上げ見なかった事にしたが自分でやり直す事にした。

SANCTUS T800m 2017-10-20 (9)

 まず初めにブリッジ裏の弦アースが貧弱と感じた為に銅板を切り出しアース線をハンダ付けしてブリッジを裏に挟み込む

SANCTUS T800m 2017-10-20 (4)

 この楽器のウリの一つに、銅板でのノイズシールをしてある事がメーカーHPに書いてあったが所々施工してない部分をある・・・ 導体を塗った後に銅板を張っているようだが気になるので銅板でやり直す

SANCTUS T800m 2017-10-20 (12)

 銅板のハンダ付けが色々とあれだけど上手く塞げた。 写真では完全に仕上げてないけど銅板をキャビティー内に弾き詰めて角等の部分も綺麗に仕上げた。 この時点で一度組み上げてノイズのチェックをしてかなり低くなったのを確認した。 思ったよりもノイズが減ったので驚いた。

SANCTUS T800m 2017-10-20 (2)

 次はワイヤー類の仕上げにかかる・・・ プリアン部の取り付け位置が微妙でコントロールパネルを固定してるネジを緩めていくとパネルが押し上げられてくる問題も解決しないと・・・

SANCTUS T800m 2017-10-20 (3)

SANCTUS T800m 2017-10-20 (5)

 ワイヤーのこの仕上げも悲しい・・・ 中学生の頃の自分の仕上げを見ているようだ・・・  ガムテープを剥がして被子チューブを被せてからヒートガンで伸縮させた。  ワイヤーの取り回しが長さに依存してるので思うような場所にプリアンを収める事が出来ずワイヤーを交換してキャビティー内に収める事が出来た。 今度二度とコントロールパネルは外したくない・・・

SANCTUS T800m 2017-10-20 (15)

 ボディー背面の電池ケースパネルもワンタッチケースに交換 パネルの探り加工がそのまま手直しせずに取り付け出来たのはラッキーだった。

-SANCTUS T800m 2017-10-25 (2) 

 ピックアップを固定するビスの頭がナメテいて高さ調節が出来なかったので新しネジを購入した。 最初はネジの品質の問題でダメになったのか?と思ったが、現実にはネジの下穴処理がまったしていないからと分かった。

-SANCTUS T800m 2017-10-25 (5) 

 もとから付いていたビスがミリ規格だったので同じ物を使ったがピックアップカバーのネジ穴はインチネジサイズだった。 機会があればインチサイズのネジに交換したい。

-SANCTUS T800m 2017-10-25 (11)

 これで出来る範囲での改良が終わった。 アンプに繋ぐと前よりもノイズが減って良い感じだ。 これで思い切って練習が出来そうだ。  足元には中古で手に入れたZOOM B2.1u マルチエフェクターとしてではなく、おまけ機能のリズムマシーンとして使用してます。





SANCTUS T800m 2017-10-20 (1)a

 CLIVE SANCTUS T800M/TSのコントロール部ですが左からVolume(上) main tone(下) ピックアップバランサー(センタートリム付き) Treble ±18㏈ at 4KHz(センタートリム付き) Middle ±18㏈ at 250Hz 500Hz 800Hz(フリケンシースイッチ連動 センタートリム付き) Bass ±18㏈ at 40Hz(センタートリム付き) 2way mini toggle switch(アクティブ、パッシブの切り替え) 3way mini toggle switch(ミドル・フリケンシー調節) 18 volt system

 アクティブの3 Band Equalizer は結構使える感じです。 (Bassをフルアップにすると20wクラスのアンプでは音が割れてしまう・・・)

SANCTUS T800m 2017-10-20 (8)

 プリアン部、Garry snyder K-3A Preampですが謎が多いです(笑) 米国スナイダー社のプリアンらしいのですが、この会社の素性がまった分からない・・・ ネットで検索してもまったくヒットしないんだな・・・ もの自体は悪くないし不満もないけどかなり気になる・・・

 このプリアンを搭載してるベースを作ってるのは数社あるのですが皆、韓国のSAMICK社の子会社ばかり(笑) 個人的には有名で評判なプリアンプをコピーして自社の製品に搭載してるってのが真実のような感じが・・・  コピーしてるのがバレた場合の為に社外製品って事にして乗せてるのかな?(笑) 真意は不明だ。

 この件はこのプリアンを搭載してるベースを使ってる多くのユーザーが疑問に思っているようで、とあるメーカーのHPのQ&A( ttp://www.dame.co.kr/shop/board/view.php?id=free&no=3661 )にメーカーの担当者が面白い言い訳を書いている(笑) なんだかな・・・




 
関連記事
スポンサーサイト



PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)