△ ページ上部へ
HOME
FC2ブログ

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キットを組み立てる ①

真空管ハーモナイザー 2018-5-30 (1)

 快音!真空管サウンドに癒される-ケーブルにつなぐだけで、魅惑の真空管サウンドに大変身!(ONTOMO MOOK)に付属する真空管ハーモナイザー・キットを友人の依頼で組み立て事になった。 (自分も興味があり購入の検討してのだが良いお値段なので悩んでる間に売り切れてしまった)

  鉄板プレスのケースをネジ止めするぐらいで電気的な知識等は必要としないお気楽な組み立てキットなのだが友人が購入後ネットで情報を調べるとネジ止めが鬼の様に大変で自力で組み立てるのを断念し自分に組み立て依頼がきた。

真空管ハーモナイザー 2018-5-30 (2)

 この製品はCDやPCなどのデジタルな音を手持ちのシステムに組み込む事でアナログっぽい真空管の音にするものです。 ぶっちゃっけ真空管アンプを持っていれば特に必要になるとも思えない。 でも安い中華アンプに接続すればそこそこの音になるよな気がする・・・

 話を戻すが、友人からの依頼は付属のタッピングビスでなく普通のビスで分解組み立てが出来るようにするのが製優先事項になる。 使用出来るビスはM3サイズのくび下6mmもあれば何とかなりそうなので明日必要数を入手してから組み立てにはいる。


関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)