△ ページ上部へ
HOME
FC2ブログ

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

【映画】 ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間を観てきました。(ネタバレ全く無し)

ポノック短編劇場 (2)
 

 土曜日に仕事の件で担当者と桜木町で待ち合わせをしたが集合時間間際にになってドタキャンされる・・・  なんだかな~  打ち合わせ後、現地で友人と待ち合わせしていたので2時間程時間をつぶす事に・・・

 暑い中時間をつぶすとなるとネットカフェか映画になりますが桜木町のコレットマーレ内の横浜ブルク13に・・・ この夏、「未来のミライ」「ペンギン・ハイウェイ」等の劇場アニメを見ていたので特に見たい作品が無かったのですが上映スケジューを見ると短編三編オムニバスアニメ「ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間」が時間的に丁度良かったので予備知識等無かったですがこれに決定・・・

ポノック短編劇場 (1)

 上映時間1時間程の映画でしたが期待しないで見たのに今季見た劇場アニメの中では一番面白い作品でした。 面白いと書きましたが決して楽しい映画でなく、「恐怖」「悲しさ」「緊張感」が満載の作品でしたよ。 映画のテーマーは「絆」かな?

 「カニーニとカニーノ」は後で詳しく書きますが、「サムライエッグ」は食品アレルギーを持つちびっ子と母親の話で演出のせいでかなり怖いお話でした。実話が元になってるのかな? 「透明人間」は自分の中にある透明人間の概念が変わった作品でした。

 「カニーニとカニーノ」は内容はよくある話だと思いますが映像は物凄い作品で「これだけ水草をリアルに描いてる作品はなかったと思う・・・」 水草の根の描き込みや気泡が付いた葉、水底から水面を見上げた図等凄く良かったです。 小川の水の表現はCGですが一部本物の水と区別がつかないシーンも・・・ 止水域の表現や水の中を漂う枯葉やゴミ、魚(ヤマメ)(イギリスのジェリー・アンダーソンが製作した「海底大戦争 スティングレイ」に出てくるフグトラ潜航艇の顔に似てる)(鰓がリアル)が川底の汚泥を巻き上げて泳ぐシーン等、新鮮でした。 あと音がも良かったです、水の中を伝わる音等・・・ 日本が舞台の作品だとしたら「この水草って自生してるの?」って突っ込みも入れたくなりますが・・・ 

 自分の中ではノーマークの作品で見過ごしていたかもしれないと思うとを見られてラッキーでした。 上映期間が短く公開終了が早くなりそうなので興味がある方はお早めに・・・(アクア系を趣味している方はぜひ見てほしいかも)

 公式HP →ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間






関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)