△ ページ上部へ
HOME
FC2ブログ

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

エレキット製真空管アンプ・キット「TU-8100」組み立て開始 ②

 前回の組み立て記事から大分日付が経ちました、理由は音声信号が通る部分に取り付ける抵抗のグレードを見直した為に、部品入手に時間が掛かりました。 前回は二階建ての一階部の電源部やトランス周り組付けを行いましたが、今回は二階部の音声信号の通る部分の組み立てになります。

TU-8100 2018-09-25 (2)

 背丈の低い部分から取り付けを開始

TU-8100 2018-09-25 (4)

 狭い場所に集中して抵抗の足が出てくるのでハンダ付けが面倒だ。

TU-8100 2018-09-25 (5)

 抵抗の取り付けの次はコンデンサーや真空管ソケット取り付ける・・・・

TU-8100 2018-09-25 (8)

 真空管ソケットは取説に書いていない方法採用 ソケットに使っていない12AU7を差し込んだ状態で基板にハンダ付けした。 ソケット内に仕込むLEDの取り付けが難しく、LEDの先端の高さを揃えるに一苦労した。

TU-8100 2018-09-25 (7)

 真空管の抜き差しを考慮してソケットのハンダ付け箇所の爪を織り込む・・・ でも基板から外す事態を事を考えるとNGかも・・・

TU-8100 2018-09-25 (9)

 入力の基板用RCAジャックと背面パネルを固定するPcbスクリューターミナルを取り付ける。

TU-8100 2018-09-25 (12)

 二階建ての基盤のクリアランスを確認・・・ 手前の音響用抵抗が付属品と比べると大きく取り付け方法を模索する・・・ ちょっと汚い取り付けになりそうだ。

TU-8100 2018-09-25 (11)

 ボリューム抵抗を取り付けた基板の組み立て・・・ 基板をL字に固定するのが難しくハンダを大量に使用した(泣)

TU-8100 2018-09-25 (10)

 目の疲労と精神的にこれ以上作業が出来ず本日はココまで。

関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)