△ ページ上部へ
HOME
FC2ブログ

雑記 鴨

熱帯魚と植物の観察記録&日々の雑記
Home ProfilereadmeContact SitemapRss Feed YoutubeGoogle+twitterTumblr ACR

エレキット製真空管アンプ・キット「TU-8100」組み立て開始 ③

TU-8100 2018-09-25 (15)

 二階部の基盤に支柱を立ててボリューム関連の基板をネジ止めする・・・

TU-8100 2018-09-25 (13)

TU-8100 2018-09-25 (14)

 二階部と一階部の基盤を繋ぐ幅広のジャンパー線を二階部基板にハンダ付け・・・ その後一階部もハンダ付け。 ここで今一度各階の基板に取り付けた部品に間違いが無いか確認、次の作業を行うと修正ややり直しが大変になる・・・

 間違い確認が済めばボリューム基板を各階層にハンダ付けしシャーシに組み込む・・・

TU-8100 2018-09-25 (20)

 背面パネルの取り付け。

TU-8100 2018-09-25 (22)

 本体寸法がW142×H136×D178mmになる、狭い空間に細かい部品を配置した緻密な設計だ。 


TU-8100 2018-09-25 (23)

 真空管のPCL86(14GW8)を差し込み音出し出来る状態になったので、プレーヤとスピーカーを繋ぎ電源ON・・・

 真空管が温まり音が鳴りだすがRチャンネルから音が出ない・・・ 各機器の接続を確認するとRチャンネルのスピーカーケーブルが抜けていた。 接続し直し音を出すと何か変な音が・・・ 今度はLチャンネルのスピーカーケーブルが逆相で接続されていた・・・

 今一度確認して視聴を開始・・・ アンプの組み立て自体では問題なく一発で音出し出来て一安心。 澄んだ音で高域に伸びがありボーカルも前に出てくる・・・ 低域の音は迫力無いが美麗系の音が鳴る・・・

製品仕様
・使用真空管/PCL86(14GW8)×2 ドイツSIEMENS社製
・定格出力/2W+2W(THD=10%、1kHz、6Ω負荷時)
・定格入力/500mV(INPUT-1:RCAジャック)、150mV(INPUT-2:ステレオミニジャック)
・残留ノイズ/40μV(IEC WEIGHTING)
・周波数特性/23Hz~33kHz
・適合スピーカーインピーダンス/4~8Ω
・出力端子/バインティングターミナル(バナナプラグ使用可)
・本体電源/DC12V 消費電流 約2A
・付属ACアダプター/AC100~240V(50~60Hz) 対応
・本体寸法/W142×H136×D178mm(突起部を含む)
・本体重量/約1.8kg(ACアダプター含まず)

  暫く慣らしして音が変わるか期待したい。 次はUSB-DACモジュール [ PS-3249r ]を組み込みカバーと制震プロテクター取り付けたい。
関連記事
スポンサーサイト






コメントの投稿







トラックバック
この記事のトラックバックURL





巡回先ブログ更新情報(管理人がお勧めするブログを紹介しています)